情報 リテラシー 10。 情報活用とは?そして情報リテラシーとは?なぜ今重要視されるのか?

情報リテラシー Ⅱ 2019

09:35 授業開始10分前にはTeamsにログインして,視聴準備• しかし、情報の提示のされ方によって受け取る印象が変わってくるときがあります。 効果的に、そして、能率的に必要な情報を見付けられる。 近年、ヘルスリテラシーは「ヘルスケア(病気や症状があるとき、医療の利用場面など)」「疾病予防(予防接種や検診受診、疾病予防行動など)」「ヘルスプロモーション(生活環境を評価したり健康のための活動に参加したりすること)」の場面で重要とされ国際的にも注目されています。 (近年では文部科学省も力の定義の中で、情報活用力を用語として用いている。 色々な誤解の元にあるのは 事実と主観を一緒にしてしゃべってしまうことであったりすることも、お伝えした通りです。

>

ヘルスリテラシーって何?医療情報をうまく活用するには:朝日新聞デジタル

情報の発信時 ブログやソーシャルメディアを利用して情報発信を行っている会社も多いでしょう。 成果発表の方法• 学校教育の現場などでは、おもにこの意味で使われる。 最近では国際的な共通の測定尺度で、国別の比較も行われています。 パスワードの設定• 過去の調査と比較するとインターネットから情報を入手している人が年々増加してきています。 米国では男女間格差がほとんど見られないことから、この問題は、日本固有の問題と考えられ、女性の社会進出の状況がこの格差を生じる原因となっていると考えられる。 ある中学校の先生は、「テーマを挙げて子どもたちにインターネットで調べさせるが、必ず正しいかどうか検証させるようにしている。 そして、1996年にEUにおけるリテラシー教育の基礎をなすアクションプラン「情報社会における学習-欧州教育イニシアチブのための行動計画」が発表されている。

>

ヘルスリテラシーって何?医療情報をうまく活用するには:朝日新聞デジタル

90年代後半からインターネットの商用利用が拡大するとともに、業務能力の一環として捉えられるようになり、従来までの学究的な意味合いと区別するために、経済産業省、商工会議所などが「情報活用力」を用いるなど、同義語が拡大する傾向にある。 読者の方にも初めて聞いたという人が多いかもしれません。 () 日本でも2009年の学習指導要領に情報教育に関する内容が盛り込まれ、国を挙げた情報リテラシー教育が始まりました。 11:00 演習終了 実習内容 WB9-1,9-2,9-3の作成 連絡事項• まんまと騙されたトロイア人は城門を壊し、木馬を市内に引き入れました。 また、1998年に日本図書館協会から『図書館利用教育ガイドライン』が出版されたり、同年に京都大学で始まった全学共通科目「情報探索入門」で図書館が情報リテラシー教育支援の取り組みを行い、それが日本全国の大学へと広まっていくなどの経緯があった。 さらに膨大な情報の中から自分にとって必要な情報を入手する手間や時間も無視できない状況があります。 STEP8 複数のシートを操作しよう• 現在、パソコンメーカー、出版社など約20社がスポンサーとして参加しており、参加校は既に6,500校に上っている。

>

第1章第3節1. 情報リテラシー : 平成10年版 通信白書

最近はローマ字入力を学びつつあるので、1人ですべて調べられるようになる時も近いだろう。 各階層とも男性では日米格差がほとんど見られないのに対し、女性では、顕著な格差が見られ、PCリテラシーで21. したがって、情報リテラシーの日本的概念は以下のような6つの要素からなるものと考えられる。 世界41か国の8年生 中学2年生 において行われた数学と理科の試験の得点が、それぞれ28位と17位という低さだったことが、その危機感に拍車をかけた。 の記事もぜひ参考にしてみてください。 *ギャグのようですが、ほぼ同じような報道が過去にあったようです。 ) かつては情報を得ることが難しく、労力をかけてでもとにかくたくさんの情報を集めることが大切でしたが、情報が次から次へと飛び込んでくる時代には、情報を集めることよりもむしろシャットアウトし、自分に必要な情報や有益な情報を取捨選択する能力が求められています。

>

情報リテラシー論(10)|コトとコ|note

表現活動の多様化• ここに落とし穴があります。 一番上は「広告」が表示されるが、10代の7割が広告と理解していなかった 日本でも状況は同様のようだ。 女性における格差については、「キーボード入力」、「インターネット利用」、「パソコンを使ってのグラフの作成」、「電子メールの利用」などの項目で、日本が大きく劣っていた。 第三に、高齢者に関しては、郵便局、公民館、図書館等の身近なコミュニティにおける施設を中心に、パソコンを始めとする情報通信機器に接触し利用できる環境を整備するべきである。 さらに、情報を知るにはYouTubeがもっとも信頼性が高いと考える未成年者は、2014年の3%から8%にまで増加していた。 一方の「情報を読み解き活用する能力」は、広義の情報リテラシーと位置づけられる。

>

情報リテラシー論(10)|コトとコ|note

International Standards 国際標準• 場合によっては、専門の業者に相談し、自社の利用状況に合わせた措置を講じておきましょう。 Bibliography 書誌• STEP6 グラフを作成しよう• STEP8 デスクトップの背景を変更しよう• STEP12 高度なグラフを作成しよう• 「検索結果は真実」と考える子どもたち 英国の情報通信庁Ofcomが発表した、5~15歳を対象としたメディアの使用に関する調査結果(2015年11月)が話題となっている。 情報やデータを活用して、「どう」提供するかが、商品の命運を左右します。 [1] 生徒がパソコンや情報スーパーハイウェイを利用して学習する手助けができるように、すべての教師に必要な教育と支援を与える。 STEP6 長文のレポートを編集しよう• Windows 10とMicrosoft Edgeの基本機能をマウス操作だけでなく、タッチ操作でも学習できます。

>

情報リテラシー

・ 「情報システム試験」「情報活用試験」「情報デザイン試験」と3つの区分があり、情報リテラシーの向上には、そのなかの「情報活用試験」が適していると考えられます。 セキュリティ、ネットワークなどのITの知識だけでなく、経営戦略といった経営全般の知識やプロジェクトマネジメントの知識など総合的知識を問う試験です。 グループ• 「噂」や「」などへの接し方も、情報リテラシーである。 Information Literacy Concepts 情報リテラシーの概念• 組織として安全を守る 遠隔授業内容【各イベント時間は()を参照ください】• 試行期間も終わり,6月に入りましたら提出状況も成績評価に加味していきます. (連絡なき提出遅れ,書式不備は減点対象となります)• WBですが,指定した解像度で文字が読みづらいときは,解像度を上げて再提出ください.• 下記6項目は原資料では細目に展開され、その中には「複数のを使用しての意思決定」「他者の著作権・知的財産権への配慮」「他者の文化的背景等の尊重」等が記される。 おうち時間を自分のために上手に有意義に使いたいですね。 STEP2 マウス操作とタッチ操作を確認しよう• 練習問題 表計算編 表計算ソフトを活用しよう Excel 2019• この連載でも、健康や医療に関する情報の「見極め方」と「向き合い方」について解説してきました。

>

情報活用とは?そして情報リテラシーとは?なぜ今重要視されるのか?

情報リテラシーを高めるためのアドバイス 情報リテラシーの向上は、いまや特定の部門の担当者だけでなく、組織全体で取り組むべき課題となっています。 Index 索引 米国 [ ] 上述 Australian and New Zealand Information Literacy Frameworkによると、情報リテラシー Information Literacy という言葉が最初に使われたのは、Paul Zurkowski著 The Information services environment, relationship and priorities 1979 の中だといわれている。 広く情報に関する諸問題(著作権、プライバシー、情報公開等)を理解出来る知識 情報リテラシーにかかわる取り組みの経緯 [ ] 世界 [ ] International Federation of Library Associations and Institutions, IFLA 内に設置されていた利用者教育ラウンドテーブル the User Education Roundtable が情報リテラシーのための活動への関心が世界規模で広まったため2002年に情報リテラシー分科会 Information Literacy Section に拡充された。 本編を実習後、問題を解いて学習内容を復習することで、理解度を確認でき、確実に実力アップを図れます。 STEP4 プレゼンテーションの構成を変更しよう• そのため、ヘルスリテラシーに関するさまざまな測定方法の開発が進められました。 実力テスト3 成績の集計と分析• より実用的な使い方を習得できます 理解度を確認できる練習問題付き! ウィンドウズ編1問、文書作成編 5問、表計算編 5問、プレゼンテーション編 2問の練習問題を収録しています。 被害に遭わないために 3 情報セキュリティ• ウ 情報リテラシーの点数化の考え方 日米双方の住民600名を対象にアンケート調査を行い、その能力を点数化することにより、分析を行った。

>