Au ピタット プラン 4g。 au のピタットプランには絶対に手を出してはいけない3つ(+α)の理由!

【au】6/2開始『ピタットプラン 4G LTE』の料金を解説

一定期間内に大量のデータ通信があった場合、混雑する時間帯の速度を制限するとのことですが、一定期間とは何日でしょうか。 つまり、プラスマイナスゼロとなり、これまでの実質負担額と何ら変わりません。 「 auピタットプランN」にauスマートバリューを適用した場合、 月間データ利用量2GB未満の場合は割引がありませんが、2GB 以上の利用は毎月500円割引されます。 auの料金プラン一覧 新auピタットプランN 0~7GBまで通信量に応じて料金が変わる段階定額プラン。 関連記事:「 」 データMAX 4G LTEは2年契約N対象プラン さて、あらためて確認といったところですが、データMAX 4G LTEは 2年契約Nの対象プランです。

>

【2020年10月1日改定】auの5Gスマホ向け新料金プラン「ピタットプラン5G」を徹底解説!

) 機種変更・新規契約・MNPで 「auフラットプラン7プラスN」などの対象プランに、 同一住所に住んでいる家族で加入すると適用されます。 auのデータMAX 4G LTEでは、通信速度制限の基準について以下のように定められています。 マジか! 青天井ルールですね。 中でも0570 ナビダイヤル は、宅配便の再送受付や各事業者の音声ガイダンスで広く使われていますが、通話定額の対象とはならず、都度利用した分だけ通話料を請求されます。 au フラットプラン20N 最大20GBまでの定額プラン。

>

auの「ピタットプラン 4G LTE(新auピタットプランN)」は何が変わったのか?

新旧プランのデータ容量別料金比較 新旧プランではデータ利用量はどちらも段階制でしたが、旧プラン5段階から新プラン3段階に変更されました。 KDDIの公式発表やメディア報道にて「 1,000円値下げ」と大きく発表されていたため、初めて目にした時に「 KDDIが先陣を切って料金プランに大きなメスを入れたのか!?」と私は動揺しました。 例えば本体価格が 90,000円の機種があり、毎月割をフルに受けた場合は 最大約70%ほどの割引となり、 実質27,000円で購入できる計算です。 金額にかかわらず、「データ通信をストレスなく思う存分楽しみたい」と考える場合はデータMAX 5Gを選択肢として考えても良いかもしれません。 そのため、2年契約が緩和されても月額料金が以前と比べてかなり高額になる可能性があります。

>

auの新料金「新auピタットプラン」が分かる解説&図解。月々1,980円の条件は?

関連記事はこちら 4G LTEも5Gも最初の12カ月間の料金は同じ 4G LTEより5Gの優れているので料金は高くなる印象ですが、スタートしてから12カ月間の月額料金は同じとなります。 何か少しでも分かることがありましたら、教えていただけると幸いです。 つまり、もしも現在auデータMAXプランProを契約中のユーザーで、 家族割プラス対象回線が4回線以上ある、または 月によってモバイルデータ通信/テザリング/データシェア/世界データ定額の合計利用が2GB以下となる場合があるのであれば、 データMAX 4G LTEに切り替えた方がお得になる可能性が高いです。 『定額通話サービス』はオプション• データMAX 4G LTE• 今プランでは一体型の料金体系は使われていません。 そしてピタットプランは「4GB LTE」と「5G」の2つに分かれていますが、自分が使っているスマホが4G LTEに対応しているか5Gに対応しているかで決まるので、選ぶことはできません。 「ピタットプラン 4G LTE」でも「スマートバリュー」で永年500円の割引が適用されますが、適用されるのはSTEP2以上からです。

>

auの「ピタットプラン 4G LTE(新auピタットプランN)」は何が変わったのか?

『定額通話サービス』はオプション• メディアグループ6社が設立した「プレミアム・プラットフォーム・ジャパン」が提供しているサービスです。 ピタットプランはどんな人向き? 先に言ってしまうと、「新auピタットプラン」はライトユーザー向け。 そんな通話利用が多い場合に、「通話定額2」または「通話定額ライト2」を契約しておけば、通話料の高額請求を防ぐことができます。 ———————————————— 今回の質問で、速度規制後の通信速度は128Kbpsまで低速するという点は明確となりました。 当然これらのサービスを利用していない人は割引の恩恵を受けることはできません。 明確に、何をどれくらい利用したら制限がかかるのか、制限がかかったらどれくらいで通常速度に戻るのか 解除されるのか 、については明示されていません。 新auピタットプランの注意点 毎月割は適用されない auでスマホ・携帯電話を購入する際に端末代金から割引を受けられるサービスが 「毎月割」です。

>

【2020年10月1日改定】auの5Gスマホ向け新料金プラン「ピタットプラン5G」を徹底解説!

しかし、2月以降に変更する人は 契約期間もリセットされてしまうので注意してください。 本記事では、データMAX 4G LTEの詳細について徹底的に解説します。 毎月割は適用外• ピタットプラン 4G LTEの通話定額2と通話定額ライト2について ピタットプラン 4G LTEを契約するユーザーで、毎月の通話が多い場合は「 通話定額2」または「 通話定額ライト2」に別途加入すると通話料を割安に抑えることが出来ます。 関連記事:「」 メニュー• ピタットプラン5Gとは? auのピタットプラン5Gは、 毎月のデータ量に応じて3段階(1GB未満、4GB未満、7GB未満)で料金が確定する仕組みの 5Gスマホ向けプランです。 ) この記事の目次• 5Gエリアはまだ限定的な為、5G対応端末を利用していてもエリア外の場合は4G LTEになります。

>

auの「ピタットプラン 4G LTE(新auピタットプランN)」は何が変わったのか?

・また速度制限の解除時期についても大変申し訳ございませんが、回答は差し控えさせていただいております。 ただし乗り換え手続きを行う前に、今使っているスマホのデータ移行を事前に行うことと、乗り換えに必要となる「MNP予約番号」を、現在契約中の携帯電話会社に連絡をして取得することを忘れないようにしましょう。 auピタットプランの注意点ですが、auピタットプランではデータ容量を2GB未満に抑えると月額料金がお得になります。 月額3,480円に抑える場合には、 auを 同居する家族3人以上で利用した状態で 「家族割プラス」を適用する必要があります。 auショップ、au取扱店、au Online Shop、My au、お客さまセンターなどでお申し込みいただけます。 個人的には、データ量を使わなければ確かに安いものの、データ量節約に神経を使ってしまう点が少し気になるところです。 ここまでは2GB以下の利用であればauピタットプランの方が500円安かったところ、家族割プラスを適用した場合は新auピタットプランが同額、または安くなる。

>