映画 ヒューゴ の 不思議 な 発明。 映画『ヒューゴの不思議な発明』ネタバレあらすじキャスト評価 スコセッシ

映画『ヒューゴの不思議な発明』ネタバレあらすじキャスト評価 スコセッシ

今回のおすすめ映画は『ヒューゴの不思議な発明』です。 2011年10月16日閲覧。 それからヒューゴは、時計整備、玩具屋の手伝いと忙しい日々が続きます。 こんなストーリー、あの予告編から想像つくかい!! そして、ここから先は、 「歩みを止めてしまった天才メリエスが、再び歩き出すための物語」へと変貌を遂げる本作。 映画『ヒューゴの不思議な発明』あらすじ C Paramount Pictures 2011 1930年代。 おじさんが川で亡くなっていたのも、もしかしたら 博物館に一緒に忍び込んだ仲間と仲間割れでもした結果、川に落とされたのかもしれませんね。

>

映画『ヒューゴの不思議な発明』ネタバレ感想

ダンテ・フェレッティ/美術• うーむ・・・これ、ジョルジュ・メリエスの話だという事が影響していませんか? 映画通を気取っている人間としたら「特撮映画の父」とまで呼ばれるジョルジュ・メリエスのフィルムが流れ、彼の人生を描いている作品を「クソ呼ばわり」はできませんよね。 パッケージにまで使われているシーンなのに…。 ブライアン・セルズニック/原作• ヒューゴは、父と見た映画、月世界旅行の話をし、成り行きで自分が孤児で、孤児は公安官に見付かると直ぐに孤児院送りなる為、隠れるように駅の中で生活している事を話します。 火事で父を亡くしてから、父と共に修理していた思い出の『機械人形』を直すことを目標に、駅構内で部品になる物をくすね集めていました。 しかし、時計を刻むゼンマイの音は間近から聞こえていた。 もしくは、 父との思い出の機械人形を直すときに、ピッキングという発想は出てこなかったのかもしれませんね。 ヒューゴは父親譲りで手先が器用でしたしね。

>

ヒューゴの不思議な発明

イザベルの母のママジャンヌ ヘレンマックロリー にこの絵を見せます。 (回想)ロベール・ウーダンが作ったクリスタルハウスは夢のようなスタジオだった。 映画製作に愛情と人生のすべてを賭けていたパパ・ジョルジュ。 だからピッキングという発想自体、出てこなかったのだと思います。 イザベラも交え、4人は月世界旅行を見入ります。 彼が機械人形を修理するための部品をくすねようとした時、店の主人ジョルジュに捕まってしまい、あの手帳も取り上げられてしまう。

>

素晴らしい映像美!「ヒューゴの不思議な発明」に込めた巨匠マーティン・スコセッシ監督の映画愛とは?

機械人形の元の持ち主でイザベルの養父のジョルジュが、実は映画草創期の伝説のクリエイター、ジョルジュ・メリエスであった、という歴史上の人物とのリンクは、原作者ブライアン・セルズニック、よく調べて持ってきた!と膝を打つ。 また、3Dを駆使したシーンとしては、モンパルナス駅に停車出来なかった蒸気機関車は駅構内を突き抜けて、外まで暴走してしまうシーンがありました。 『』のは4個満点の星をつけ、「『ヒューゴの不思議な発明』はこれまでのどのマーティン・スコセッシの映画とも異なっており、しかもおそらく彼の心に最も近い。 難解なのではない、ベースは子供向け映画のようにシンプルな作りなのだが、意外な展開があるので紹介しにくいのだ。 いやー、映画ってスバラシイぜ! この感想記事は、ultimate-ez. 今作はどちらかといえば大人向けのアドベンチャー映画をお求めの方、映画史・映画がお好きな方におすすめな映画です!• 7年後、現在の「ドラマとしての映画」の元祖『月世界旅行』がフランスで制作されます。 彼は、映画はすぐに廃れる見せ物に過ぎないと思っていたようだった。 第84回アカデミー賞で、作品賞、監督賞など主要部門を含む最多11部門で候補に選ばれたのは巨匠マーティン・スコセッシ監督の最新作『ヒューゴの不思議な発明』だった。

>

映画『ヒューゴの不思議な発明』高評価らしいがつまらない…

最後に David MarkによるPixabayからの画像 3D デジタル)で撮った作品ですが、スコセッシ監督はこう語っています。 鉄道公安官さんのキャラが良い• 機械人形がたたずんでいます。 完成したのは、文字ではなく、ロケットが右目に刺さり、痛がっている月を描いたスケッチだった。 その時、汽車が一台、駅に近づいていた。 キャストは ジョルジュメリエス パパジョルジュ ・・・ベンキングズレー ヒューゴカブレ・・・エイサバターフィールド イザベル・・・クロエグレースモレッツ 鉄道公安官・・・サシャバロンコーエン クロードおじさん・・・レイウィンストン リゼット・・・エミリーモーティマー ママジャンヌ・・・ヘレンマックロリー ムッシュラビス・・・クリストファーリー ルネタバール・・・マイケルスタールバーグ ルネタバール 回想 ・・・ガリヴァーマグラス ルネの兄 回想 ・・・エドサンダース エミーユ夫人・・・フランシスデラトゥーラ ムッシュフリック・・・リチャードグリフィス ヒューゴの父・・・ジュードロウ フーツ警官・・・ケヴィンエルドン 映画館の支配人・・・アンガスバーネット バグダットの盗賊・・・ダグラスフェアバンクス トランプ・・・チャールズチャップリン ジョニーグレイ・・・バスターキートン ボーイ・・・ハロルドロイド カメラマン・・・マーティンスコセッシ ほか。

>

映画『ヒューゴの不思議な発明』動画フル無料視聴!DVDレンタルよりも快適に見る

駅の時計台に隠れ住む孤児の少年ヒューゴの冒険を、「映画の父」として知られるジョルジュ・メリエスの映画創世記の時代とともに描き出す。 ママジャンヌはこの絵を見ると激しく動揺し、パパジャンヌにその絵を見られたくない様子を見せてヒューゴにすぐに帰るように言いました。 父亡きあと、ヒューゴはこの機械人形を修理するために必要な部品を集めていました。 何かきっと目的がある。 しかし彼女は、悲劇を知るにはまだ若いと語りませんでした。 しかしその途中に公安官に見つかってしまい、これまで食べ物などを盗んでいるヒューゴは疑いの目を向けられます。

>

ヒューゴの不思議な発明 : 作品情報

しかしイザベルが灰はノートの灰ではなく別の物の灰で、ノートは無事であることを教えてくれました。 おじさんはヒューゴの父親から博物館のことを聞き出したか、カギをくすねるかして入ったのかもしれませんね。 興奮するヒューゴとイザベルでしたが、機械人形は何かを書きだしたものの途中で止まってしまいます。 パパジョルジュは最初は手品師として活躍し多くの人々を魅了していました。 もちろんそれは、フィルムの感度が悪かった時代だけに、太陽光を有効に使うために考案された全面ガラス張りのスタジオだったが、メリエスはそこで、自ら脚本を書き、大道具を作り、自ら役者としても出演していた。 受賞とノミネート [ ] 賞 部門 対象 結果 『ヒューゴの不思議な発明』 受賞 監督賞 マーティン・スコセッシ 受賞 監督賞 マーティン・スコセッシ 受賞 美術デザイン賞 ダンテ・フェレッティ、フランチェスカ・ロ・スキャーヴォ 受賞 作品賞 『ヒューゴの不思議な発明』 ノミネート アンサンブル演技賞 『ヒューゴの不思議な発明』 ノミネート 脚色賞 ジョン・ローガン ノミネート 撮影賞 ロバート・リチャードソン ノミネート 作曲賞 ハワード・ショア ノミネート 美術デザイン賞 ダンテ・フェレッティ 受賞 監督賞 マーティン・スコセッシ 受賞 編集賞 セルマ・スクーンメイカー 受賞 ファミリー映画賞 『ヒューゴの不思議な発明』 受賞 若手俳優賞 エイサ・バターフィールド 受賞 撮影賞 ロバート・リチャードソン ノミネート 美術デザイン賞 ダンテ・フェレッティ 受賞 作品賞 『ヒューゴの不思議な発明』 ノミネート 監督賞 マーティン・スコセッシ ノミネート 脚色賞 ジョン・ローガン ノミネート 撮影賞 ロバート・リチャードソン ノミネート 編集賞 セルマ・スクーンメイカー ノミネート 作曲賞 ハワード・ショア ノミネート 作品賞 『ヒューゴの不思議な発明』 ノミネート 監督賞 マーティン・スコセッシ ノミネート 視覚効果賞 アレックス・ヘニング、ベン・グロスマン、ロバート・レガート 受賞 作品賞 『ヒューゴの不思議な発明』 ノミネート 監督賞 マーティン・スコセッシ ノミネート 撮影賞 ロバート・リチャードソン ノミネート 美術デザイン賞 ダンテ・フェレッティ、フランチェスカ・ロ・スキャーヴォ ノミネート 作品賞 『ヒューゴの不思議な発明』 ノミネート 監督賞 マーティン・スコセッシ ノミネート 脚色賞 ジョン・ローガン ノミネート 撮影賞 ロバート・リチャードソン ノミネート 作曲賞 ハワード・ショア ノミネート 監督賞 マーティン・スコセッシ 受賞 監督賞 マーティン・スコセッシ 受賞 美術デザイン賞 ダンテ・フェレッティ 受賞 美術デザイン賞 『ヒューゴの不思議な発明』 受賞 視覚効果賞 『ヒューゴの不思議な発明』 受賞 作品賞 『ヒューゴの不思議な発明』 ノミネート 監督賞 マーティン・スコセッシ ノミネート 脚色賞 ジョン・ローガン ノミネート ファミリー映画賞 『ヒューゴの不思議な発明』 ノミネート 撮影賞 ロバート・リチャードソン ノミネート 衣装デザイン賞 『ヒューゴの不思議な発明』 ノミネート 若手男優賞 エイサ・バターフィールド ノミネート 若手女優賞 クロエ・グレース・モレッツ ノミネート 作品賞 『ヒューゴの不思議な発明』 受賞 作品賞 『ヒューゴの不思議な発明』 ノミネート 監督賞 マーティン・スコセッシ ノミネート 撮影賞 ロバート・リチャードソン ノミネート セントラルオハイオ映画批評家協会賞 撮影賞 ロバート・リチャードソン ノミネート 作曲賞 ハワード・ショア ノミネート バンクーバー映画批評家協会賞 監督賞 マーティン・スコセッシ ノミネート 美術デザイン賞 ダンテ・フェレッティ、フランチェスカ・ロ・スキャーヴォ 受賞 『ヒューゴの不思議な発明』 ノミネート 若手俳優賞 エイサ・バターフィールド ノミネート マーティン・スコセッシ ノミネート 脚色賞 ジョン・ローガン ノミネート 衣装デザイン賞 ノミネート 視覚効果賞 『ヒューゴの不思議な発明』 ノミネート 編集賞 セルマ・スクーンメイカー ノミネート 録音賞 『ヒューゴの不思議な発明』 ノミネート 作曲賞 ハワード・ショア ノミネート 撮影賞 ロバート・リチャードソン ノミネート マーティン・スコセッシ 受賞 『ヒューゴの不思議な発明』 ノミネート ハワード・ショア ノミネート 作品賞 『ヒューゴの不思議な発明』 ノミネート 監督賞 マーティン・スコセッシ ノミネート 美術監督組合賞 美術デザイン賞 時代劇部門 ダンテ・フェレッティ 受賞 視覚効果監督組合賞 サポート視覚効果賞 ベン・グロスマン、アレックス・ヘニング、 ロブ・レガート、カレン・マーフィー 受賞 仮想撮影賞賞 実写部門 マーティン・チャムニー、ロブ・レガート、 アダム・ワトキンス、ファビオ・ザングラ 受賞 モデル賞 「Train Crash」 スコット・ビヴァリー、アラン・フォシェ、 フォレスト・P・フィッシャー、マシュー・グラッツナー ノミネート 美術賞 ダンテ・フェレッティ、フランチェスカ・ロー・シャイボ 受賞 音響賞 フィリップ・ストックトン、ユージーン・ギアティ、 トム・フライシュマン、ジョン・ミッジリー 受賞 マーティン・スコセッシ ノミネート ハワード・ショア ノミネート ロバート・リチャードソン ノミネート 編集賞 セルマ・スクーンメイカー ノミネート 美術デザイン賞 『ヒューゴの不思議な発明』 ノミネート 衣装デザイン賞 サンディ・パウエル ノミネート メイクアップ賞 モラグ・ロス、ジャン・アーチボルド ノミネート 特殊視覚効果賞 『ヒューゴの不思議な発明』 ノミネート 撮影賞 ロバート・リチャードソン ノミネート 編集賞 ドラマ部門 セルマ・スクーンメイカー ノミネート 映画音声協会賞 録音賞 ジョン・ミジリー、トム・フライシュマン、サイモン・ローズ 受賞 脚色賞 ジョン・ローガン ノミネート 映画音声編集組合賞 音楽編集賞 『ヒューゴの不思議な発明』 受賞 衣装デザイナー組合賞 衣装デザイン賞 時代劇部門 サンディ・パウエル ノミネート ロバート・リチャードソン 受賞 ダンテ・フェレッティ、フランチェスカ・ロー・シャイボ 受賞 ロブ・レガート、ジョス・ウィリアムズ、 ベン・グロスマン、アレックス・ヘニング 受賞 フィリップ・ストックトン、ユージーン・ギアティ 受賞 トム・フライシュマン、ジョン・ミドグレイ 受賞 グレアム・キング、マーティン・スコセッシ ノミネート マーティン・スコセッシ ノミネート ジョン・ローガン ノミネート セルマ・スクーンメイカー ノミネート ハワード・ショア ノミネート サンディ・パウエル ノミネート 『ヒューゴの不思議な発明』 ノミネート ベン・キングズレー ノミネート エイサ・バターフィールド ノミネート クロエ・グレース・モレッツ ノミネート マーティン・スコセッシ ノミネート ジョン・ローガン ノミネート ハワード・ショア ノミネート 美術デザイン賞 ダンテ・フェレッティ 受賞 編集賞 セルマ・スクーンメイカー ノミネート サンディ・パウエル ノミネート 外国映画ベストワン賞 『ヒューゴの不思議な発明』 受賞 参考文献 [ ] 2012年3月23日閲覧。

>