暁 の ヨナネタバレ 191。 暁のヨナ 最新話191話あらすじネタバレ感想 最新刊32巻を無料で読む

暁のヨナ【191話】ネタバレと感想!ヨンヒの追憶を辿って…│シロカミエンタ

使者毒殺の情報は瞬く間に城に駆け巡り、それは四龍やハクの耳にも届くことになります。 男はいったい誰? すると、到着した先は空都です。 ケイシュク参謀がお得意のこじつけかと呆れていると、ヨナは神の力を授かる湖で皆さま方はお腹いっぱいお飲みになったのですねと笑顔で答えます。 30日お試し無料で 600円分のポイントがもらえる。 病を知りながらも見逃してもらった事を察した四龍は、ヨナに会えなくなった理由もこの件であると理解します。

>

暁のヨナ【191話】ネタバレと感想!ヨンヒの追憶を辿って…│シロカミエンタ

そして感情のまま、ヨンヒの唇を奪いました。 何に笑ったんだとユンホに聞かれますが、可愛いと思ったことは言えないのでした。 そんな関係を恋人とは言えないかとヨナは、一人ごちます。 【前回のあらすじ】 スウォンの緋の病は急激に進行していました。 そこにいるヨナは、イル王に甘やかされ、ハクや四龍に助けられただけの姫ではありませんでした。 そんな事は、もうどうでもいいんだ」 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。

>

暁のヨナ 191話 33巻の収録だと思うのでネタバレに気をつけてください

イルは婚礼の儀式が楽しみだと笑いながら話し、神殿で祝福を受ければ末長く幸せになれると告げる。 イルはなぜ緋龍王の血筋であることを黙っていたのかとユホンに問いただすが、ユホンはバカげていると誤魔化す。 イルはお供をつけずに鷹狩りに行ったユホンを心配するが、ユホンは神殿で祈祷をしていたというイルに険しい表情を向けた。 190話ネタバレ:そこは空都。 女たちは黙ってしまいます。 神殿では こうしてヨンヒはイルに連れられて神殿に行くことになります。

>

暁のヨナ【第191話】最新話のネタバレと感想!!|漫画大陸

122• ヨンヒは、これからイルとヨナに起こる出来事阻止したいと思います。 暁のヨナの190話のネタバレ最新確定の感想 暁のヨナの190話では、ヨナがヨンヒの手記を読む事により、ヨンヒとユホンの結婚前のことから知ることとなりましたね。 とりあえず今日は休んで、お大事にと言うヨナに、スウォン王と婚約されているのか尋ねられます。 ユホンはヨンヒを逃がすまいとその腕に抱き、唇を重ねるのでした。 神殿内では、国のトップであるはずの王族が、大神官に見下されながら頭を下げる構図になっていたからです。 今回一番印象に残ったシーンは、ランタンとヨナのやり取りの場面を選ばせて貰いました! ネタバレあらすじでは要所要所で要約しましたが、ランタンとヨナのやり取りは、 そりゃランタンヨナに好意持つのも分かるわ…となります。 けれど、スウォンはヨナの箱を掬い上げるつもりはありません。

>

暁のヨナ199話ネタバレ!「南戒の要人」毒殺した犯人はヨナ!?|漫画市民

最大40%ポイント還元。 ジークが飛びかかって怪我をさせたと聞くと、イルは慌てて怖かったろうとヨンヒを心配します。 緋龍王を崇拝するあまり、政にまで口出しをし父親とイルもまた真に受けているのだ。 神殿は、頭を垂れる王家を、 大神官が見下すように出来ているのだ。 言い返せない事を悟ってか、使者は 王が不在だと話にならないと言い出します。

>

暁のヨナ【191話】ネタバレと感想!ヨンヒの追憶を辿って…│シロカミエンタ

そして、やっぱ塩を振るべきだと言うのです。 ユホン王子は この国の次期国王、これ以上は どうにもならない。 一度はどうしようもない覆しようのない立場の違いに諦めようとしたようですが、数か月経ってもヨンヒを探していた約束の場所に来ていたユホンに流されるままの口付け…。 南戒の北に位置する神水湖には皇帝の忠実なる四人の僕が湖の水を飲んで神の力を授かり、戒ではそれが四龍であったと言われていると言い出します。 食事が運ばれて、下がろうとするヨンヒでしたが、ユホンは残れ、肉の礼だと命令します。 太子としての資質が まったく ない、と。

>

暁のヨナ199話ネタバレ!「南戒の要人」毒殺した犯人はヨナ!?|漫画市民

その発言に異を唱えないヨナ。 そのカシが言う。 闘いは終わった。 ヨナは、 着物は洗えば良いだけなので気にしないように伝えます。 母は、本当に賊に襲われて殺されたのだろうか?と・・・。

>

暁のヨナ192話/33巻ネタバレ!最新話は緋龍王の血を乗り越え結ばれた二人 | コレ推し!マンガ恋心

食糧を買いに行った帰り、ジークを見つけるヨンヒ。 優しいスウォンから出たその恐ろしい言葉に。 食事が来たので、女たちが退室し、ヨンヒも帰ろうとしますが、ユホンに止められ猪肉の礼だと料理を振舞われます。 そして使者は気分が悪い話をして席を外すと立ち上がろうとし、思わず吐いてしまいます。 ヨンヒ様、私はあなたのこともスウォンのことも何も知らないので、教えてほしいという気持ちで読み進めたのです。 それから数ヶ月後、ヨンヒは久々に外に出ました。 その噂は、ハクの耳にも入るのでした。

>