クリッパー ズ 対 ブレイザー ズ。 1950年の西鉄クリッパース

1950年の西鉄クリッパース

戦前に一時的に球団()を所有していたはこの機にプロ野球参入を図り、「 西鉄クリッパース」を結成。 概要 [ ] 前年にコミッショナー(オーナー)によるリーグ拡張構想が明るみに出ると、プロ野球参入を画策していた企業による加盟申請が相次ぎ、へと発展した。 。 入団 [ ] 選手名 前所属 備考 内野手 16 とトレード 外野手 2 毎日オリオンズ 北川桂太郎とトレード 退団 [ ] 選手名 去就 投手 ・とトレードでに移籍 選手・スタッフ [ ]. 色付きは(打数300)以上の選手• チームは新加盟の、新球団に戦力を大量に引き抜かれたとともに苦戦し、シーズンを5位で終えた。 - 毎日のと西鉄の、による1対2の交換トレードが成立• NPB史上6人目で2リーグ制以降では初 入団・退団 [ ] シーズン開幕後 [ ] 本節では、本シーズン開幕から本シーズン終了までの入退団について記述する。

>

1950年の西鉄クリッパース

チームはまで巨人の監督を務め、にその座を譲って総監督となったを新監督に招き、ここから西鉄ライオンズの歴史がはじまることになる。 第1試合計35得点、第2試合計22得点の合計57得点は、一日に一球場で上げた合計得点では最多記録。 なお大須球場では、この後対戦が行われたが、13対9で阪急が勝利。 - 川崎徳次が対東急戦でNPB史上11人目の通算100勝• 43 主な打撃成績 [ ]• - が対阪急戦でNPB史上35人目の通算1000投球回• 3月16日 - 西鉄対戦()は21対14で西鉄が勝利し(球団初勝利)、1試合両チーム計35得点のNPB新記録。 - が対阪急戦でNPB史上14人目の通算1500投球回 8月 [ ]• 4月 [ ]• に加盟した。 そしてシーズンオフに、と合併し西鉄ライオンズとなり、この名称のチームは1年のみとなった。

>

1950年の西鉄クリッパース

チーム成績 [ ] レギュラーシーズン [ ] 開幕オーダー 1 二 2 三 3 左 4 捕 5 右 6 中 7 一 8 遊 9 投 1950年パシフィック・リーグ順位変動 順位 3月終了時 4月終了時 5月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 10月終了時 最終成績 1位 毎日 -- 毎日 -- 毎日 -- 毎日 -- 毎日 -- 毎日 -- 毎日 -- 毎日 -- 2位 南海 0. - 川崎徳次が対大映戦で1対1の同点で迎えた9回2死三塁で、本盗を決めてサヨナラ勝利。 。 。 。 。

>

1950年の西鉄クリッパース

。 。 。 。 。 。 。

>

1950年の西鉄クリッパース

。 。 。 。 。 。

>

1950年の西鉄クリッパース

。 。 。 。 。 。

>

1950年の西鉄クリッパース

。 。 。 。 。

>

1950年の西鉄クリッパース

。 。 。 。 。 。 。

>