一般 社団 法人 法。 一般社団法人及び一般財団法人に関する法律施行規則

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律第49条

(2) 遺言執行者が遺言の内容の実現(遺言の執行)を行い,遺言に基づいて遅滞なく定款を作成して公証人の認証を受ける。 そこに目をつけて、課税逃れが横行していたのです。 (10)事業年度 なお,会計監査人を置く場合にも,その旨の定款の定めが必要になります。 3 第一項の規定により電磁的方法によって行使した議決権の数は、出席した社員の議決権の数に算入する。 一 合併をする法人が一般社団法人のみである場合 一般社団法人 二 合併をする法人が一般財団法人のみである場合 一般財団法人 2 前項各号に掲げる場合以外の場合において、合併をする一般社団法人が合併契約の締結の日までに基金の全額を返還していないときは、合併後存続する法人又は合併により設立する法人は、一般社団法人でなければならない。 この場合において、前項中「到達したもの」とあるのは、「当該書面の交付又は当該事項の電磁的方法による提供があったもの」と読み替えるものとする。 )」と読み替えるものとする。

>

一般社団法人

ただし、定款で別段の定めをすることを妨げない。 (新設合併に関する書面等の備置き及び閲覧等) 第二百六十条 新設合併設立法人は、その成立の日後遅滞なく、新設合併により新設合併設立法人が承継した新設合併消滅法人の権利義務その他の新設合併に関する事項として法務省令で定める事項を記載し、又は記録した書面又は電磁的記録を作成しなければならない。 )を交付しなければならない。 2 理事会は、次に掲げる職務を行う。 (基金の引受け) 第百三十六条 次の各号に掲げる者は、当該各号に定める基金の額について基金の引受人となる。

>

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律

4 前二項の通知には、前条第一項各号に掲げる事項を記載し、又は記録しなければならない。 )が、法令若しくは定款で定める一般社団法人等の権限を逸脱し若しくは濫用する行為又は刑罰法令に触れる行為をした場合において、法務大臣から書面による警告を受けたにもかかわらず、なお継続的に又は反復して当該行為をしたとき。 (6) 設立時評議員,設立時理事及び設立時監事の選任に関する事項• 公益認定に当たって主務官庁は、主に以下の事項を審査します。 2 社員又は評議員は、清算法人の業務時間内は、いつでも、次に掲げる請求をすることができる。 理事会を設置する場合と会計監査人を設置する場合には,監事を置かなければなりません。

>

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律

社員提案の場合• 2 前項の規定は、定款によって、任期の満了前に退任した評議員の補欠として選任された評議員の任期を退任した評議員の任期の満了する時までとすることを妨げない。 一 一般社団法人である新設合併消滅法人にあっては、次条の社員総会の日の二週間前の日(第五十八条第一項の場合にあっては、同項の提案があった日) 二 一般財団法人である新設合併消滅法人にあっては、次条の評議員会の日の二週間前の日(第百九十四条第一項の場合にあっては、同項の提案があった日) 三 第二百五十八条第二項の規定による公告の日又は同項の規定による催告の日のいずれか早い日 3 新設合併消滅法人の社員、評議員及び債権者は、新設合併消滅法人に対して、その業務時間内は、いつでも、次に掲げる請求をすることができる。 ・その法人が経理面・技術面において充分な基盤を構築していること• (法人格) 第三条 一般社団法人及び一般財団法人は、法人とする。 )の委任に基づく事項その他法の施行に必要な事項を定めることを目的とする。 一 一般社団法人である吸収合併存続法人にあっては、次条第一項の社員総会の日の二週間前の日(第五十八条第一項の場合にあっては、同項の提案があった日) 二 一般財団法人である吸収合併存続法人にあっては、次条第一項の評議員会の日の二週間前の日(第百九十四条第一項の場合にあっては、同項の提案があった日) 三 第二百五十二条第二項の規定による公告の日又は同項の規定による催告の日のいずれか早い日 3 吸収合併存続法人の社員、評議員及び債権者は、吸収合併存続法人に対して、その業務時間内は、いつでも、次に掲げる請求をすることができる。

>

一般社団法人における理事会の決議省略(みなし決議・書面決議)

また定款に別段の定めがあるときを除き、少なくとも3ヶ月に1回は、代表理事及び業務執行をする理事と選定された理事は、理事会へ職務の執行状況を報告しなければならないとされています(一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(以下、法人法といいます)第91条2項)。 。 3 清算人は、第一項の規定により提出され、又は提供された事務報告の内容を定時社員総会又は定時評議員会に報告しなければならない。 )は、第百三十二条第一項第三号の期日又は同号の期間内に、それぞれの基金の払込金額に相当する現物拠出財産を給付しなければならない。 ただし、法人の設立目的によっては、他の法人形態の方が適している場合もあります。 )その他清算法人を代表する者を定めた場合は、この限りでない。

>

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律

)は、その任務を怠ったときは、一般社団法人に対し、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。 一 評議員会の日時及び場所 二 評議員会の目的である事項があるときは、当該事項 三 前二号に掲げるもののほか、法務省令で定める事項 2 前項の規定にかかわらず、前条第二項の規定により評議員が評議員会を招集する場合には、当該評議員は、前項各号に掲げる事項を定めなければならない。 (基金の申込み) 第百三十三条 一般社団法人は、第百三十一条の募集に応じて基金の引受けの申込みをしようとする者に対し、次に掲げる事項を通知しなければならない。 )の第111条第1項の責任について、当該非業務執行理事等が職務を行うにつき善意でかつ重大な過失がないときは、定款で定めた額の範囲内であらかじめ一般社団法人が定めた額と最低責任限度額とのいずれか高い額を限度とする旨の契約を非業務執行理事等と締結することができる旨を定款で定めることができる。 (評議員会に提出された資料等の調査) 第百九十一条 評議員会においては、その決議によって、理事、監事及び会計監査人が当該評議員会に提出し、又は提供した資料を調査する者を選任することができる。

>

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律|条文|法令リード

申請に当たっては申請書の他、設立登記事項を記録した電子媒体を提出、設立時社員の決議書・定款・代表理事の互選記録・理事や監事の就任承諾書・理事の印鑑証明書(承諾時)等を添付します。 池袋オフィス 東京都豊島区西池袋1丁目21番7号 住友不動産池袋西口ビル9階• 法人格を持たずに任意団体として運営しているケースもありますが、規模が大きい団体は一般社団法人・財団法人を設立し、中には公益認定を受けている団体も少なくありません。 二 前号に掲げる事項のほか、一般財団法人の設立の手続が法令又は定款に違反していないこと。 Q23 一般社団法人の基金の制度について簡単に説明して下さい。 一 理事 次に掲げる行為 イ 計算書類及び事業報告並びにこれらの附属明細書に記載し、又は記録すべき重要な事項についての虚偽の記載又は記録 ロ 基金(第百三十一条に規定する基金をいう。 ) イ 第五条第一項の規定により社員総会参考書類(法第四十一条第一項 に規定する社員総会参考書類をいう。

>