鈴木 茂樹 事務 次官。 日本郵政に情報漏えい、停職処分受け鈴木総務次官が辞職…みんなの反応は

鈴木茂樹 (官僚)

これまで総務省は、得られる限りの情報収集もしてきたと思いますし、石田大臣も本当に熱心に取り組んで来られたと思います。 同日以降、総務省の大臣室内で、少数の幹部と話した詳細な内容が、日本郵政側に漏れている疑いが浮上。 あくまでも、大臣室で、ごく少人数の幹部だけで重要な打ち合わせ、話をしている、そういった内容を、先方に伝えたということを、鈴木前次官がお認めになったということでございます。 谷脇さんには、基盤局長との兼務もお願いして大変心苦しいところもございますけれども、この非常事態において総務行政に一瞬たりとも空白が生じないようにという思いから、速やかに人事を行いました。 さらに、情報が漏れたときの状況は、確認しているのでしょうか。

>

鈴木茂樹 (官僚)

そのことから12月17日に内部監察を行い、鈴木茂樹事務次官による情報漏洩が判明しました。 わずか5ヶ月あまりで、総務事務次官を辞職することになった、2019年12月20日の九星盤を見てみましょう。 旧郵政省本庁舎(郵政省-Wikipediaより) 総務次官更迭 高市総務大臣は、総務省の鈴木茂樹事務次官がかんぽ生命保険の不適切販売問題を起こした、日本郵政の行政処分案の検討状況について、日本郵政の鈴木康雄上級副社長に漏洩していたと発表した。 さらに、13日以前も、過去に遡ってそのような問題がなかったのかというのは、どうお考えでしょうか。 法に触れることはないんですか?」とアンカーでジャーナリストの星浩氏に尋ねた。

>

鈴木総務次官が事実上更迭、元次官の日本郵政上級副社長に漏えい : 政治 : ニュース : 読売新聞オンライン

345• 事実上の更迭となる。 2013年、• 鈴木次官は旧郵政省出身で、ことし7月に事務次官に就任しました。 380• この辺りで整備を強化して行くというのは、対中戦略にとっては極めてピントの合った話なのです。 これまで、先方が進められた調査の結果に基づき、年内にも、やはりこれは行政処分を打たざるを得ないだろうということで、今まで得られている情報の範囲内で、処分案を検討いたしておりました。 総務省は13日に郵政側に対し、被害者の特定や抜本的な再発防止策などの報告を求める「徴求」命令を出した。

>

鈴木茂樹事務次官更迭~旧郵政省の負の側面が色濃く出てしまった

ただ省内では「結婚式の日の朝まで仕事をしていたことをいまだに自慢していた。 1,208• 日本郵政とNHKの間のやりとりの話も、今年の国会でございました。 2001年7月 総合通信基盤局国際部国際経済課長• 問: そのように国が関わることによって、民営企業としての体を成すと考えられますか。 その後、13日、14日、15日、16日と、様々な動き、日本郵政株式会社の幹部の方々の様々な動きについて、情報を得ました。 問: 日本郵政における今後の取締役などの就任に関して、総務省としては厳正に検討する必要があるとおっしゃっていますが、これは、基本的に「認めない」ということなのでしょうか。

>

鈴木茂樹事務次官更迭~旧郵政省の負の側面が色濃く出てしまった

700• 高市大臣によりますと、大臣室での幹部との話の内容が日本郵政側に漏れていると疑わざるをえない情報が入ったことから、内部監察を実施した結果、鈴木次官が日本郵政の鈴木・上級副社長に電話で情報を漏らしていたことがわかり、鈴木次官も認めたということです。 鈴木次官は1981年に旧郵政省(現総務省)に入省。 確かに、菅原・河井…と続いている 「菅潰しの一環」と考えれば、この「一見不可解な更迭劇」や、政府による「漏えい事件の暴露」も、いくらかの整合性が見えてくるような気もするけど、ただ、もう少し様子をうかがってみないと分からない部分が多いね。 外部の情報提供もあり、高市氏は大臣室での、ごくわずかな幹部による会話内容が漏れていることを疑い、17日、内部監察を指示した。 これは鈴木上級副社長・個人のキャラクターではなくて、旧郵政省、総務省の持っている本質なのです。 退職金に税金が使われるなんて許されません。 NHKとの問題もございました。

>

【速報】総務省 鈴木茂樹事務次官が辞職 かんぽ生命問題で行政処分情報を漏えい

高市大臣は、「事務方のトップによる公務に対する信頼性を著しく失墜する行為は誠に残念で、おわび申し上げる」と陳謝しました。 本件処分を受け、本日、事務次官から辞表が提出され、辞職を承認した」と経緯を語った。 日本郵政に情報漏えい、停職処分受け鈴木総務次官が辞職…みんなの反応は — ジャストニュース. 鈴木茂樹事務次官が情報を漏らした相手は、元総務次官の鈴木康雄氏で日本郵政の上級副社長を務めている人物です。 ただ、私が就任してからも、9月11日に就任しまして9月30日に日本郵政から報告をいただきましたが、不利益を受けた可能性のある顧客の方のご意向確認がその時は4割程度しかできていなかったし、事案の全容というのも依然不明確な状況でした。 (公表内容) 第3条 個々の懲戒処分について、事案の概要、処分量定及び処分年月日並びに所属、役職段階等の被処分者の属性に関する情報を、個人が識別されない内容のものとすることを基本として公表する。

>

高市総務相、情報漏えいで次官更迭 かんぽ問題の行政処分―OBの日本郵政副社長に:時事ドットコム

その原因は、先程申し上げたとおり、やはり同じ旧郵政採用の先輩後輩という形の中で、何かやむを得ない事情があったんだろうと拝察をします。 大臣室で話をしていた時に、私がどう話したかというようなことなども含めて、伝わっているという印象を持ちました。 その意味では、必ずしもイージス・アショアの代替措置ではないのです。 情報の漏えい先だった日本郵政の鈴木康雄上級副社長も旧郵政省出身。 答: もう既に鈴木事務次官は退官をされました。 (2)鈴木事務次官は、12月20日付で退職した。

>

鈴木茂樹事務次官更迭~旧郵政省の負の側面が色濃く出てしまった

20日付で総務事務次官を辞職した鈴木茂樹氏 高市氏によると、12月中旬、限られた一部の幹部と大臣室で話し合っていた行政処分案の検討状況が日本郵政に複数回漏れている疑いが浮上し、内部監察を実施。 また、情報を漏らしたのは、向こうから働きかけがあったからなのでしょうか。 今回の不祥事は改めて「天下りの闇」を浮かび上がらせた。 あの時も、鈴木副社長がNHKに対して出された文章の内容は、元事務次官であったことを強調しておられる内容でございまして、あまり良い感情は、私は持ちませんでしたので、今後、直接人事の認可権があるとか、それから行政処分をする権限を総務省が持っている先に対しては、十分に気をつけた人事が行わなければいけないと思っております。 05 ;border-color:rgba 255,255,255,. 逐一、情報が漏れていくことによって、先方の対応の仕方、また、報告書の内容なども変わってくる可能性がございますので、やはり、これは、行政の公平性・中立性というところに係ってくるのではないでしょうか。 政府は12月18日の閣議決定を目指す方針だ。

>