橋本 雅也。 廣誓寺

金沢の寺院で彫刻家・橋本雅也さん作品展-鹿の角や骨から削り出した花々

4月29日まで。 Architects were looking for the best individual Panton Chair. 彼は美大も出てないし、まったくの素人。 橋本さんは自身が用いている角や骨といったかつて命であった 物たちを見つめ直すという動機の元、猟師に同行し冬山へ向かいました。 狩りで得た一頭の鹿の命を昇華した花々の彫刻作品は大きな反響を呼んだ。 昨年、大阪で開かれた個展では一頭の鹿の命を昇華した作品が大きな反響を呼んだ。 橋本さんが詩を朗読しアコーディオンとコントラバスのユニット「mama! 365• 橋本の創作活動の原点は2000年にインドの山村を旅した経験に遡り、河原で木片を拾い磨いた際、手を加えることで自然物が内包していたものが表出してくる現象に興味を抱いたことにはじまります。 投稿日 2019 年 12 月 13 日 01:13:58 (その他) 橋本雅也 「間なるもの-霧のあと-」 ロンドンギャラリーにて メディア 写真 ・ 彫刻・立体 2019年11月16日 〜 2019年12月14日 2014年の「一草一木」(於 同ギャラリー)から5年ぶりの個展となる今回は、鹿の角・骨を素材とした彫刻を展示するほか、来年出版を予定しているコロタイプ印刷による作品集に先駆けて、額装した1点も展示致します。

>

23 彫刻「風の回廊」 橋本雅也|土祭2018

それから1年ちょっと後、彼は命を考え、猟師と一緒に鹿をしとめ、…… そして今年、彼は鹿の骨を彫刻した花の画集を出し、美手帖などにも紹介され、和楽11月号では表紙を飾っている。 僕が神奈川を離れて山形に来るとき、彼は車で山形まで送ってくれた。 鹿の角から精緻に削り出された彫刻作品に、その姿がうつしだされます。 367• 彫刻家。 。

>

橋本雅也 HASHIMOTO MASAYA

2000年インドの旅の途上で一本の流木を手にしたことがきっかけとなり制作活動を始め、以後新たな素材との出会いを求めて世界各地を旅する。 制作手記として詩をつづった作品集「殻のない種」も開催初日の4月20日に発売された。 同展を主催する白鷺美術の巽勇太さんは「独特の静けさと気配を持った橋本さんの作品と世界観に、ぜひ触れてみてほしい」と来場を呼び掛ける。 [広告] 以前は、石や木などを素材に用いたアクセサリーを制作していたという岐阜県出身の橋本さん。 28日のチケット(当日=1,800円、前売り=1,500円)は、同寺や白鷺美術(TEL )などで取り扱う。 主な個展に「橋本雅也 間なるもの」(金沢21世紀美術館デザインギャラリー、2014年)、「殻のない種」(ロンドンギャラリー、2012 年)、「殻のない種から」展(主水書房、2011 年)、グループ展に 「Social Activism」(Structure and Function Gallery、イギリス、2009 年 、「古代礼賛、中世礼賛」展(正木美術館、2009 年)など。

>

23 彫刻「風の回廊」 橋本雅也|土祭2018

昨年の初春、橋本さんは栃木県の山へと向かいました。 365• 岐阜県高山市生まれ。 今後の活動について、「新たに出合った鹿で、今度は『風』をテーマにした作品に挑戦してみたい」と橋本さん。 開場時間は13時~18時。 2011年、大阪・主水書房にて初個展「殻のない種から」を開催。 強い風が吹き抜ける切り立った丘の頂上で、一頭の鹿と出会います。 主な個展に「橋本雅也 間なるもの」(金沢21世紀美術館デザインギャラリー、2014年)、「殻のない種」(ロンドンギャラリー、2012 年)、「殻のない種から」展(主水書房、2011 年)、グループ展に 「Social Activism」(Structure and Function Gallery、イギリス、2009 年 、「古代礼賛、中世礼賛」展(正木美術館、2009 年)など。

>

廣誓寺

僕が育てたわけじゃないけど嬉しいよね。 それに自分のアートの考えが猫作家以外の他人に影響を与え開花したことが嬉しい。 山を降りた橋本さんはその風に潜む気配を捉えようと制作に向かいました。 イベント当日は会場に「殻のない種」からの作品が展示に加わり、朗読と合わせて ご覧いただけます。 2 最近のコメント. 雅也君、ありがとうね。

>

廣誓寺

しみじみと嬉しい。 365• 2007年、無住の寺に生活と創作の場を移す。 347• 主な個展に「橋本雅也 間なるもの」(金沢21世紀美術館デザインギャラリー、2014年)、「殻のない種」(ロンドンギャラリー、2012 年)、「殻のない種から」展(主水書房、2011 年)、グループ展に 「Social Activism」(Structure and Function Gallery、イギリス、2009 年 、「古代礼賛、中世礼賛」展(正木美術館、2009 年)など。 Source: Tokyo Art Beat 入場無料. そして翌年、それらの作品、そして山中での記録を綴った制作手記を含めた 作品集「殻のない種」が出版されました。 名は橋本雅也。 365• 独自の素材との対話方法を確立する。

>