Switch コントローラー 修理 キット。 Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)のコントローラーを、修理キットを使って修理してみた

恐怖!Switch ジョイコン が勝手に動く! 自分 で 修理 してみました

ややこしくてすみません!) じゃー修理すっか!ということでアマゾンでジョイコンスティックの修理パーツを注文。 なお、届いたキットは外観こそ頼りないですが、中身はしっかりと入っていたようです。 次に見て頂くのは、このマニュアルを見てJoy-Conを分解していく画像です。 5〜10分の作業時間で良く、手間も時間もかからない• Y字ドライバーを用意せよ! さっそく持っていたY字ドライバーでネジを外そうとしたら・・・外れない!iPhone用のドライバーだと小さすぎて空回りしてしまう!いきなり出鼻をくじかれてやる気ゲージダウン。 爪を入れるとカパッと開きます。

>

恐怖!Switch ジョイコン が勝手に動く! 自分 で 修理 してみました

接点復活剤はジョイコンに限らず色々な道具に対しても使えますし、一家に一本置いておいても損はないかと思いますしね。 バッテリーを外したら、次のその内部のカバーを外します。 このままではスプラトゥーン2等の対戦ゲームで「こいつ弱っ!」とか「こいつふざけてんのか!!?」と思われかねないので。 (人によってはというか症状によっては無償修理の場合もある。 症状的には 純正ジョイコンの方が 各ゲームでキャラがその場で回転(Lボタン不良?) Nintendo Switch Proコントローラーの方が キャラが前に進んだり進まなかったり(ジョイスティック不良?) って感じです。

>

Nintendo Switch ProコントローラーをDIYで修理せよ|プロコンを自分で分解 清掃

下記写真は新しいスティックを取り付けた時のものです。 別に探偵Bは、コントローラー分解を推奨しているわけではありませんので、「試してみよう」って思った方はくれぐれも自己責任で挑んでください。 大きさはスマホよりちょっと小さいくらい 最低限必要な道具は一揃い入っている 実際にNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)コントローラーを修理してみた(左側) Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)コントローラーのスティック部分の交換だけの修理の手順はそれほど難しくはありませんでした。 コントローラーの設定からスティックの補正をしてみたところ左に押し込んでも反応しない。 修理に出している間はプレイすることができません。

>

【続】Switchのコントローラーが勝手に動く→何しても駄目なら修理だ!!

ジョイコンのNFCアンテナ・本体基板の電源ボタンケーブル・液晶バックライトケーブル共通ラッチ(4pin) 680円 税込748円• コントローラーが動かないのなら、 Joy-conを買い替えましょう。 箱を開け見るとこんな内容です。 カバーを持ち上げて平らな線を引き抜いた箇所に関してはもちろん、再度元の通りに線を差し込み、カバーを戻します。 スティックと本体を繋げているペラペラの板状の配線(青枠で囲った箇所)。 問題となるスティックの部品は必須として、ドライバーやピンセットなどある程度しっかり揃っているものもあれば、あくまでも交換するようの部品しか入ってないもの、マニュアルまでしっかりと完備しているものもあります。 これが修理キットです。 左コントローラーのジョイスティックが押してもいないのに勝手に動き出す。

>

【実例付き】Switchプロコンのスティック不具合は10分で修理できる!

3ヶ月間ほど不具合を我慢していた時間は一体何だったんだと思うほど。 ジョイコンを自分で修理する手順 修理キットはamazonで買える 任天堂ほどの企業にもなると、修理キットさえ売られています。 二個でこの値段…安い! 最後に ここまで不具合の概要や確認、任天堂に依頼した場合の目安の費用、そして2種類の修理方法をご紹介させていただきました。 あとはもう外した順にパーツをはめてネジをしめていくのみです。 スティック部分を新品に交換、逆の手順でカバーを閉める スティック部分を新品に交換し、手順に従ってカバーを締めれば終了です。 メーカーの任天堂に対してはできるだけこのような不具合が起きない製品改善を望みつつ、こうしてユーザー間で情報を共有することで、できるだけ快適なSwitchライフを楽しんでいただければ幸いです。 ) スティックの交換パーツはアマゾンで600円くらい 任天堂公式サポートでの修理では、だいたい2000円くらいかかるみたいです。

>

switchコントローラー(ジョイコン)勝手に動く不具合。部品取り寄せ自分で修理する方法を解説

しかし、残りの2本は再発を繰り返しうちに最終的にはゲームをプレイできないレベルまで悪化してしまった為、自力でスティックを交換する事に踏み切ったわけです。 自分で修理した実例紹介 私はジョイコンの修理キットをECサイトで購入しました。 分解はサックリ、スムーズに進みます。 Switchジョイコン修理用 アナログスティック基板 1,280円 税込1,408円• バッテリーを外し、スティックまでたどり着く ガワを外すとまず目に入るのが、バッテリーです。 ほんと快適にゲームできるし、 ストレスも感じない。

>

switchコントローラー(ジョイコン)勝手に動く不具合。部品取り寄せ自分で修理する方法を解説

iPhoneバッテリー交換キットに入っていたやつを使いました。 楽しい時間が つらい時間になるのは まじでもったいない。 新しいコントローラをもう1台買ったところで、結局同じモデルのプロコンになるので、 不具合が起きるリスクは変わらないわけですし。 Switch チャージング 充電 コントロールICチップ【M92T36】 1,980円 税込2,178円• グリップの付いたドライバーを選びましょう。 ネジ回しに使う力のうち、押す力が7割、回す力(トルク)が3割くらいの配分を心がけましょう。

>

【続】Switchのコントローラーが勝手に動く→何しても駄目なら修理だ!!

パーツは。 左がもともとついていたやつ。 レジに持って行ってパッケージを開けてもらって確認しました。 具体的には ネジを外すだけです。 どうにもバッテリーが取れにくいと思ったら、裏がセロテープみたいなものでくっついていました。 プラスドライバーを使うとネジが外れないどころか、ネジが壊れてしまいY字ドライバーでも回すのが困難になってしまいます。 ちょっと力を入れてバッテリーを外します。

>