Ffs 理論 宇宙 兄弟。 職場の人間関係でお悩みの方に【宇宙兄弟とFFS理論が教えてくれる あなたの知らないあなたの強み】

職場の人間関係でお悩みの方に【宇宙兄弟とFFS理論が教えてくれる あなたの知らないあなたの強み】

多くの人は、ストレスは回避すべきこと、耐えるべきことと考えています。 凝縮性 凝縮性は、固めていく力だ。 FFS理論 開発者 小林 惠智 こばやし けいち 組織心理学者・教育学博士、経済学博士 Human Logic Laboratory 詳しくは社のをごらんください。 凝縮性(こだわりが強いか)• 例えば、日常の中で感じる、『あの人と私は馬が合う』というようなことをうまく利用すれば、成功するチームづくりができるのではないでしょうか。 そんな時に助けになるのがFFS理論だ。

>

FFS理論で組織の最適化

その中の一つに、 性というタイプがあります。 また、仕事で自分のポテンシャルが発揮できていないという人は、自分はこういう人間なのだと理解することで、正しい努力を知ることができるし、目指すべき姿を知り、無理することをしないで仕事をすることができるようになる。 弁別性(白黒決めたいか)• しかし、本来ストレスとは、私たちの身体と脳にかかる負荷のこと。 要は「役に立つか、立たないか」だと思います。 その中で、FFS理論についても少し書きました。 なので自分の得意分野を伸ばして、整理しておくことが向いています。

>

出版情報 FFS理論 ヒューマンロジック研究所

【特徴】 興味があることは直情的に動く。 まさに、ビジネスパーソンにとっては知っていて損はない、いやむしろ知るべき理論なのだ。 2020年7月8日• 弁別性の高い人は、 ・データ重視 ・曖昧に放置しない ・人からはドライに見える という特徴がある。 247• 実はこの性タイプは、日本人の約6割とも言われるほど多いそうです。 多くの成功者と出会ってきた著者曰く、 人生の 成功者に共通して言えることは 『自分の特性を理解し、 存分に自分の強みを活かしている人』 だと言います。 ソニーやホンダ、LINEなど多くの企業で採用されています。 関係する周囲の人の面倒を見て、その人が喜んだり、その人から感謝されることがうれしい。

>

【17:00

特性を知る「FFS理論」 性格診断として、今話題になっているのが「FFS理論」。 自分と異質な人でも、同質の人でも、 自分を理解し相手を理解し、 その弱みを分かって、それぞれの強みを補完して、 組織として発展していくようにしていくのが良いリーダーだと。 プロジェクトリーダーや企業の管理職、あるいは経営者に向けて、人と人との組み合わせ、ミッションとのマッチングに着目し、生産性の上がるチーム編成技術とチームオペレーション技術、メンバーのカウンセリング技術などを具体的にご紹介しています。 保全性の高い人が戦うべきやり方があるのだから、それをやるべきだ。 フィリップとヒビトの違いってどんなところ? そんな質問にもお答えできたらと思います。 ・3章は、リーダー論と言うことになりますが、この因子が高い人がリーダーに向いている、 というような話ではありません。 なので原作を知っている人ならば、「あぁこのキャラか!」と楽しみながら理解することができます。

>

自己紹介。宇宙兄弟とFFS理論。|labo|note

【日頃の言動】 自在さを求める・好き勝手に動く 【ストレッサー】 拘束されること・役に立てない時 実は去年FFS診断を受ける機会があり、診断結果をすでに持っているため、簡易診断でまったくおなじ結果が出たので、IDは家族に譲りました。 作中の名場面に絡めた解説は、『宇宙兄弟』ファンにはもちろん、作品を知らない人にもわかりやすいように作られており、どんな人でも楽しく理論を学べるはずだ。 つまり、日本人の多くが保全性の因子を多く持っているということだ。 関連記事を表示. その特典により、 自分の特性(判断軸やストレスの要因など)や強み を知ることができ、 かつ宇宙兄弟で例えるとどの登場人物に 当てはまるのかを知ることができます。 従って、本連載は、日本人の大多数を占めると考えられる「受容性・保全性」のタイプが、自らの特性、ストレスを受ける理由を知り、能力を最大限に発揮する手がかりを提供することを第一の目的と考えています。 ひと口にチームといってもうまくいくチームといかないチームがあります。 とFFS理論が教えてくれる あなたの知らないあなたの強み 学べる2つのこと 『とFFS理論』から学べることは冒頭に説明した2つのことです。

>

【自己分析】FFS理論 with 宇宙兄弟 をやってみた

いろんなタイプの人間がいますから、そりゃ25人に当てはまらないことだって大いにあると思います。 次に、柔軟に物事を受け入れていきます。 『まぁいいや、とりあえずやろう』 E 保全性因子 「維持するために工夫改善していく力の源泉」 身近なところから目標を立てて、確実に進めていく。 サーバント・リーダーシップ• の関連記事が、 、 著者 タサン志麻さんが、11月9日・10日放送の、11月6日放送の、11月6日放送のに出演しました。 上でも説明したように、弁別性の高い人は、何かを判断する時に、常に理由や情報を必要とする。 上司から、「やり方は君に任せるよ」という感じでほぼ丸投げに近い状態で仕事を振られて途方にくれた事がある。 キャラクターの個性なので仕方がない部分もあるとは思うのですが、今の自分と比較すると、若き日のエディさんはどのように行動していたのか。

>

「宇宙兄弟とFFS理論が教えてくれる あなたの知らないあなたの強み」まとめ

フロリダ州立大学社会心理学研究室で実験心理学を専修。 その理論を簡単に説明をすると、 ストレス理論をベースに 研究されたものであり、 人によって異なるストレッサー (ストレスになる刺激)の感じ方や捉え方 の特性を「凝縮性」「受容性」 「弁別性」「拡散性」「保全性」という 5つの因子として計量化したものなのです。 ただ、こういったとき弁別性の高い上司は、決して部下を責めているわけではなく、ただ自分の論理との違いを検証しているだけなのだ。 保全性 保全性とは、その名の通り自らを保全性・維持しようとする力だ。 自分の個性を見つけるより、大枠を分類し相手との相互作用をどう変えていくか、に繋げられる気がします。

>