篠田 英朗。 篠田英朗 『憲法学の病』

新型コロナ、日本人が最も恐れるべきなのは「社会の分断」であるワケ(篠田 英朗)

深刻すぎる「アメリカの分断」 冬の新型コロナの感染再拡大を、各国がそれぞれの考え方を反映させた取り組みで、受け止めている。 2003年 第3回 - 『平和構築と法の支配』• 帰宅の途についたのは 23時台だった。 その際、少し Rtが 1以下にならないという問題があるのはわかるが、それは「指数関数的拡大が起こっているか」という話とはまた別だろう、といったこともつぶやいたのを、おそらく西浦教授のファンのどなたかが西浦教授に通報したのだろう。 国際関係学Ph. 「学問の自由」に値しない日本学術会議、政権批判の為の批判に終始する野党、左派メディア、これらの三者が存在することに対して意義があるのか。 篠田英朗 Hideaki SHINODA on Twitter: "自然科学者は法学者と徒党を組んだことを後で総括すべきだろう。 絶大な社会的権力を誇る戦後日本の「抵抗の憲法学」のドクトリンである。

>

東京外国語大・篠田英朗教授「日本学術会議の問題は今国会の重要案件ではない。政権の支持率低下を狙う党派的な事情で時間を使うこと自体がむなしい。新型コロナウイルスへの対応策や経済対策など明らかにより重要な課題がある」 ネット「正論」

もちろん私が西浦教授について何度も書いてきている人物であることも関係しているかもしれない。 内容について言えば、私はこの人が何を言ってるのかさっぱり分かりません。 「ファクター X」を否定する記事と、「これがファクター Xだ」と論じる記事とが、ほとんど並んでいたのである。 背景に、2015年安保法制の際の憲法学者を中心とする方々の集団的な反政府運動の経験がある。 憲法学者のアンケートで多数が違憲と答えると違憲が確立される、といった考え方の背景には、東大法学部系の日本の憲法学の特異性があるということを論じた。 政治共同体の根本的枠組みを定める規範には、社会構成員全員が従わなければならない。 私は西浦ファンの間では西浦教授の批判者として知られているようだが、私個人の気持ちとしては、私は、要するに、尾身会長と押谷教授のファンである。

>

篠田 英朗

ニューヨーク州のクオモ州知事に代表される民主党系の政治家たちは、都市部での早期の強いロックダウンを推進する。 44人で、確かに欧州や米州よりも非常に低い。 University of London, UK 1998年 Ph. 国際社会との関係をふまえながら憲法解釈を行うことは、本来は必須の作業だ。 31という驚くべき数字であった。 だが現職大統領であり、今回の共和党大統領候補であったトランプ大統領が、「新型コロナを恐れるな」という態度を強くしたことから、広範で強い新型コロナ政策を望む民主党系の人々とのイデオロギー的対立が、感染症対策のあり方にまで及んでしまった。

>

憲法学者たちの横暴―「学術会議」問題の核心 篠田英朗

木村草太教授の推論方法では、次のように違憲・合憲を決していく。 いずれも日本社会に深く根差す深刻な問題だ。 その間、2001年客員研究員や2002-03年客員研究員を務めた。 日本学術会議は政治色が強い上に、創設直後から吉田茂総理の民営化案に反対する腐敗組織!! 日本学術会議は、学術研究会議を前進として、1949年、日本を占領していた連合国軍最高司令官総司令部の影響下で発足した。 「立憲主義とは、権力を制限することだ」と日本の憲法学者は断言する。 そこで9条ロマン主義学派は、国際法では禁じていない自衛権と集団安全保障参加を憲法が禁止している、という解釈を強硬に主張する。

>

新型コロナ、日本人が最も恐れるべきなのは「社会の分断」であるワケ(篠田 英朗)

そうだとしたら、憲法解釈とはなんと無味乾燥な作業であるか。 政治学者である篠田英朗氏の「トンデモ憲法論」について 以下引用 >9条解釈の最大の障害は、「9条は世界に類のないすごい理想主義条項で、だから日本はすごい国だ」と信じたいというロマン主義的な願望である。 経済」の図式にのっかった二項対立的な社会の分断だ。 大規模 PCR検査の優等生とされた韓国でも感染拡大が起きている。 憲法学者が自明の真理と信じている事柄が、必ずしも憲法典上の根拠を持つものではなく、むしろ単に明治期以来の東大法学部憲法講座の伝統を踏襲しているにすぎないものだということを指摘した。 医療崩壊を回避し、高齢者・基礎疾患者を特別に防御する社会的風潮さえできあがれば、欧米社会でも致死率は劇的に減らせるのである。 リベラル系は当然として、保守系論客でも。

>

政治学者である篠田英朗氏の「トンデモ憲法論」についてhttps://ge...

「集団的自衛権が違憲とは言えないなんて、芦部信喜先生の基本書も読んでいないのだろう」といった姿勢を「知性主義」と呼ぶ奇妙な風潮こそが、私には日本社会の閉塞した現状を物語るような事態だとしか感じられない。 実に陽性者数も死者数も 10倍近くまで増えた。 日本学術会議は即、民営化。 今の日本に、いや恐らく世界のどこに行っても、彼らに代わる人材はない。 それなりに最大限の感染防止は心がけているだろう。

>

東京外国語大・篠田英朗教授「日本学術会議の問題は今国会の重要案件ではない。政権の支持率低下を狙う党派的な事情で時間を使うこと自体がむなしい。新型コロナウイルスへの対応策や経済対策など明らかにより重要な課題がある」 ネット「正論」

が、憲法についてよく知らない、あくまでも専門は政治学者である篠田氏が、自分の思い込みを元に与太話を吹聴するのは、逆に「憲法を議論する上では」害悪の方が大きいとも思っています。 このような政治色が強い組織に対して、時の政権は幾たびも組織改革を行おうとしていた。 国際的に標準とは言えない「立憲主義」の定義を持つからだろうか、日本の憲法学者は、国際法や国際政治の動向を軽視する傾向があるようだ。 違憲とは言えない、という立場をとった少数の憲法学者は、ことごとく非東大系の憲法学者であった。 アフリカについて言えば、農村部などで検査ができない傾向があり、絶対数が少なめに出ている可能性は高い。

>

篠田英朗 『憲法学の病』

実は、日本国憲法の文言には、不戦条約、国連憲章、アメリカ独立宣言などからの「コピペ」がそこかしこに溢れています。 あちこちで戦争しまくりの外国は遅れている!」と、全く逆のことを日本人に信じ込ませる「ガラパゴスの経典」に反転したのか。 すでに一九二八年の不戦条約以降、「戦争」なるものは違法化されており、すべての国連加盟国において、「交戦権は否認」されているのです。 今回の事件で菅内閣を批判する論者の中に、「このままでは戦前の復活だ」といった昭和に使い古された議論を用いる方が目立つ。 しかし現在は、同陽性者数約 4,511人、同死者数約 60人、致死率 1. 憲法学者の書いた基本書を信奉するのでなければ、司法試験に受からない。 極端な場合には、国際法や国際政治が間違っており、日本国憲法(に関する憲法学者の基本書)が正しいのだ、といったことを主張している場合すらある。 3.日本の致死率・人口当たり死亡率は、「欧米」より低いだけで、アジア・アフリカ・オセアニアの中で際立って低いわけではない。

>