Win10 ファイル 名 を 指定 し て 実行。 Windows の「ファイル名を指定して実行」を使いこなす! ~ 知ってるとはかどるよく使う機能の呼び出し方を紹介します。 【Windows10 対応】

Windows10でファイル名を指定して実行をスタートメニューに復活させる方法

また、ショートカットを整理する途中で誤ってファイルを消去してしまうと、PCに重大な障害を引き起こしてしまうこともあります。 しかし、ショートカットキーを入力すればすぐに開けますが、できれば Windows7 のようにスタートメニューに復活させたいものです。 msc [Windows Media Player] wmplayer [ワードパッド] wordpad write ファイル名を指定して実行で「shell:」コマンドを入力してフォルダを指定することで、対象のフォルダを開くことも可能です。 プロセスエクスプローラで確認することが可能です。 cpl [FAX送付状エディター] fxscover [ゲームコントローラー] joy. いくつか僕がよく使う標準で用意された機能を紹介しました。 ファイル名を指定して実行の使い方 ファイル名を指定して実行にはさまざまな用途があるので、こちらをご覧ください。

>

Windows10「ファイル名を指定して実行」のショートカット起動方法を解説!

telnet 「telnet」コマンドです。 このあたりは知っている人も多いところだと思います。 リアルタイムでパフォーマンスデータが表示できる機能です。 詳しく見て行きましょう。 簡単な設定で好きなプログラムをファイル名を指定して実行から開けるようになるので、こちらも試してみてくださいね。 カレントパスに関して 実験したところ2通りに分かれました(あくまでも実験結果です) 1 パスを指定して実行 カレントパスは実行プログラムが存在する場所となります。

>

Windows10「ファイル名を指定して実行」のショートカット起動方法を解説!

Windowsには「 ファイル名を指定して実行」という機能があります。 [デスクトップ] shell:Desktop [ホームグループ] shell:HomeGroupFolder [PC] shell:MyComputerFolder [ネットワーク] shell:NetworkPlacesFolder [ごみ箱] shell:RecycleBinFolder [検索結果] shell:SearchHomeFolder [ユーザーフォルダ] shell:UserProfiles [ログイン中のユーザーフォルダ] shell:Profile shell:UsersFilesFolder [アドレス帳] shell:Contacts [ダウンロード] shell:Downloads [お気に入り] shell:Favorites [リンク] shell:Links [ミュージック] shell:My Music [ピクチャ] shell:My Pictures [ビデオ] shell:My Video [ドキュメント] shell:Personal [保存したゲーム] shell:SavedGames [検索] shell:Searches [すべてのコントロールパネル項目] shell:ControlPanelFolder [プログラムの取得] shell:AddNewProgramsFolder [インストールされた更新プログラム] shell:AppUpdatesFolder [プログラムと機能] shell:ChangeRemoveProgramsFolder [競合] shell:ConflictFolder [プリンター] shell:PrintersFolder [同期センター] shell:SyncCenterFolder [同期結果] shell:SyncResultsFolder [同期のセットアップ] shell:SyncSetupFolder [ライブラリ] shell:Libraries shell:UsersLibrariesFolder [ライブラリ内ドキュメント] shell:DocumentsLibrary [ライブラリ内ミュージック] shell:MusicLibrary [ライブラリ内ピクチャ] shell:PicturesLibrary [ライブラリ内ビデオ] shell:VideosLibrary [ユーザーフォルダ内AppData] shell:Local AppData [インターネット一時ファイル] shell:Cache [一時書き込みフォルダー] shell:CD Burning [履歴] shell:History [ProgramData] shell:Common AppData [Templates] shell:Common Templates [AppData内Roaming] shell:AppData [Windows管理ツール] shell:Administrative Tools [INetCookies] shell:Cookies [Network Shortcuts] shell:NetHood [Printer Shortcuts] shell:PrintHood [スタートメニュー内プログラム] shell:Programs [最近使った項目] shell:Recent [SendTo] shell:SendTo [スタートメニュー] shell:Start Menu [スタートアップ] shell:Startup [Templates] shell:Templates [Quick Launch] shell:Quick Launch [User Pinned] shell:User Pinned [Program Files] shell:ProgramFiles [Common Files] shell:ProgramFilesCommon [Windows] shell:Windows [Fonts] shell:Fonts [Resources] shell:ResourceDir [System32] shell:System Windows10の「ファイル名を指定して実行」の表示方法とコマンド一覧!いかがでしたでしょうか。 クイックアクセスメニューから開く [スタート]ボタンを右クリックするか、[Windows]+[X]キーで開く「クイックアクセスメニュー」で[ファイル名を指定して実行]を選択してもよい。 予めご了承ください。 以下に僕が日常的によく使うものを紹介します。 [スタート]メニューからたどるのであれば、もちろん直接アプリや設定機能を選択した方が早い。 また、通常は分かりにくい場所にある設定画面も「 ファイル名を指定して実行」を利用することで即座に呼び出すことができます。

>

Windows10

[電卓] calc [文字コード表] charmap [コマンドプロンプト] cmd [DirectX診断ツール] dxdiag [外字エディター] eudcedit [エクセル] excel [Windows Defender ファイアウォール] firewall. ファイル名を指定して実行からよく使う機能 たとえば電卓を起動させたい。 msconfig「システムの構成ユーティリティ」を開きます。 (タブレットの場合は長押し) これでちょっと形は違いますが従来のようにスタートメニューに「ファイル名を指定して実行」を復活させる事ができました。 perfmon. プログラムを開く時に「プログラムとファイルの検索」からプログラム検索を行い開くユーザーも多いと思いますが、開くプログラムのコマンドが分かっていれば「ファイル名を指定して実行」からコマンド入力することで素早くプログラムを開くことができます。 「 ファイル名を指定して実行」は業務の効率化やストレスフリーなPC操作につながり、PCをビジネスで利用する方にも、プライベートで利用する方にも利用していただきたい機能です。 例えば「Microsoft Edge」を起動する際も、アプリケーション名を入力するだけで済むからだ。 他方で「フォト」は、アプリケーション名はもちろん「Photo」や「foto」でも起動できる。

>

Windows10の「ファイル名を指定して実行」の表示方法とコマンド一覧!

こんな感じでバージョン・ビルド番号が表示されます。 また、Windows10に限らず全てのWindowsに元々ある機能なので、古いWindowsPCや他人のPCを操作する際も、検索方法の違い等に戸惑うことなく利用することができます。 タスクバーのフォーム タスクバーのフォームに 「 run」と入力し 「ファイル名を指定して実行」を起動しましょう。 "ファイル名を指定して実行"のプログラム名は何か "ファイル名を指定して実行"の実態は explorer. 「Windows 10ミニTips」は各回の作成時点で最新のWindows 10環境を使用しています。 今まで紹介した機能は、俗な言い方ですが、Windowsのシステムフォルダに PATH が通ってるために使えるのです。 手順 1 Windows キー を押しながら Rキー を押します。

>

Windows の「ファイル名を指定して実行」を使いこなす! ~ 知ってるとはかどるよく使う機能の呼び出し方を紹介します。 【Windows10 対応】

色々応用できます。 このような場合は、別の方法で、[ファイル名を指定して実行]ダイアログを開かなければならない。 お気づきかと思われますがコマンドプロンプトなどで使えるネットワーク系のコマンドもいくつかここから呼び出すこともできるのです。 explorer 「エクスプローラー」を開きます。 Windows 10では、[ファイル名を指定して実行]ダイアログでコマンドを入力すると、素早くアプリを起動したり、設定機能を呼び出したりできる(設定画面をコマンドで開く方法は、Tech TIPS「」参照のこと)。

>

【Windows 10】[ファイル名を指定して実行】ダイアログを素早く開く:Tech TIPS

間違って下の方、システムの環境変数欄をいじらないようにしてください。 スポンサーリンク. msc [エクスプローラー] explorer [フォントフォルダ] fonts [共有フォルダー] fsmgmt. これでも起動可能です。 値の編集時には十分気をつけてください。 マニアック ここからは上級者向け。 PATHという名前のユーザー環境変数を用意し、そこに特定のフォルダのフルパスを記入。

>

Windows10の「ファイル名を指定して実行」の表示方法とコマンド一覧!

2 以下の通り画面画面が表示されます。 winver 「Windows の バージョン情報」を表示。 control 「コントロールパネル」が開きます。 指定したドメイン(FQDN)を入力することでIPアドレスを取得できます。 cpl [ログオフ] logoff [ローカルユーザーとグループ] lusrmgr. 使う度に確認するなどでしてひとつずつ覚えていくとよいでしょう。

>