村雨 の ソードブレイカー。 村雨のソードブレイカー[Nintendo_Switch]

RPG「村雨のソードブレイカー」のあらかじめダウンロードが開始。発売記念のセールも実施中

というか、むしろ伏線も謎も増えちゃう。 本コーナーでは筆者や編集部がピックアップした、ここ1週間のフリーゲームやインディーゲームの話題を毎週土曜日にお届けします。 章ごとに公開される予定で、第1章公開は1月末が目標とされている。 プラットフォーム:Nintendo Switch• 戦闘が存在せず、どこまでも優しい世界をホンワカと探検する本作は、まるで南国のリゾート地に来たような感覚。 主人公は「いかにもなハーレム物の主人公的立ち位置で鈍感」なのですが、仲間たちからの扱いが基本的に悪く、一般人からも扱いが悪く、それでいてイヤな奴ではないので、遊んでいると自分のなかで好感度が高くなりました。

>

RPG「村雨のソードブレイカー」のあらかじめダウンロードが開始。発売記念のセールも実施中

発売を楽しみに待ち続け、いざ遊んでみたら期待通り。 ちゃんと状態異常対策の装備を用意すれば、強い敵も楽に倒せちゃう。 明るくふざけたハーレム物のJRPGとしてうまく構成されており、不快にならないシナリオだと思います。 時間制限がありワンプレイは短めだが、玉を消す度に増える「フィーバーゲージ」が一杯になるとフィーバータイムとなり、フィーバー中は制限時間のカウントダウンがストップし入手スコアも倍増する。 解説や合いの手を入れながら1手ずつ勝負の流れを見せてくれるので、将棋を知らなくても問題なし。

>

村雨のソードブレイカー[Nintendo_Switch]

メーカー:room6• チープに見える部分も、逆にゲームの味になっています。 このゲームは、4つの扉の先にある世界で謎を解いていく脱出ゲームです。 謎を解きながら、独特の世界観と物語に惹き込まれる作りになっていて、単純に脱出するだけのゲームではありません。 シリアスな場面もありますが、基本はおバカvsおバカのツッコミ飛び交う戦いなので安心して楽しめます。 開発:あいあんそぉど• 使いまわしではなく、物語の進行に応じて細かくセリフが変わります。 開発:Mista Stories• 気のいい住民たちが暮らすスピカ島の風景を楽しみつつ、ちょっぴり切ない物語の結末を見届けましょう。 たぶん、敵の幹部より戦闘回数が多い。

>

村雨のソードブレイカー ダウンロード版

Nintendo Switch版は立ち絵、イベントCG、UIなどのグラフィック素材を発売元のレジスタが描きなおしていますが、音楽はフリー素材。 発売を楽しみに待ち続け、いざ遊んでみたら期待通り。 バンバン読んじゃいましょう。 彼女は、メインヒロインである五月雨サツキの親友を名乗るストーカーで、サツキ以外は人を人と思わず言動も行動もムチャクチャで物語をかき回します。 メーカー:PLAYISM• 基本的にはギャグなので、出てくる登場人物はヒロインからモブ、ザコ敵までボケまくり。

>

RPG「村雨のソードブレイカー」のあらかじめダウンロードが開始。発売記念のセールも実施中

彼女たちと、もっと冒険したくなるんですよね。 「村雨のソードブレイカー」Switch版リリース情報 有限会社レジスタは2020年1月16日(木) ラブコメと共に歩むRPG「村雨のソードブレイカー」Switch版の発売を発表致しました。 どこまでも浸っていたくなるような穏やかな世界でありながらも、時折不穏なイメージを抱かせるストーリーが秀逸で、最後まで遊んだ人は間違いなくグッとくる素敵なお話になっています。 『村雨のソードブレイカー』• 一応、警察の一員なのに……。 ゲームはグラフィックだけじゃない。 プラットフォーム:Nintendo Switch• というか、ほぼ個人製作。 ミナトは本作におけるヒロイン地雷成分の9割を担っており、サツキのためといいつつ暴走しては、あらゆる相手にケンカを売って物事をややこしくする光景がみられます。

>

【この夏遊びたいインディーゲーム7選】『A Dark Room』や『村雨のソードブレイカー』、『アンリアルライフ』など良作をピックアップ

広告付きの無料作品となっている。 むしろ、解けないなら積極的にヒントを読むべき。 ゲームはグラフィックだけじゃない。 価格:990円[税込] 最後は謎解きアドベンチャーから良作をひとつ。 メーカー:ケムコ• 一応、警察の一員なのに……。

>