カキフライ が 無い なら 来 なかっ た。 せきしろが語る、「自由律俳句」入門

『カキフライが無いなら来なかった』又吉直樹×せきしろ 「自由律俳句の世界は無限だよ」と、夢一杯に|にしきれお|note

「カバーはいらないと言ったのにしてる店員」だけでも、なんなら「カバーはいらないと言ったのにしてる」だけでも成り立つかもしれない。 文章を書き切るのはとても難しい。 好みの問題でもありますが、視点が広いところから狭いところへ集約される感じが好きなんですよね。 意図的じゃないというか。 でもそれが伝わらないような相手だからムカつくんでしょうね。

>

『カキフライが無いなら来なかった』(せきしろ)の感想(209レビュー)

好きな子のバイト先、家の近所、部活終わりなどの会いたい気持ちが、会えない現実を否定して自転車でウロチョロしちゃうんですよね。 又吉:僕は学生時代に種田山頭火の句を便覧のようなもので見たり、雑誌の特集にあった名言名句辞典で同じく山頭火の句を見かけたりしていたくらいで、あまり意識したことはなかったんです。 たまに演劇の公演に役者として呼ばれることがあって、そんなときは、不定期に稽古場へ行くことになります。 。 僕は多分20回は読み直してます。 ・泣き顔の自分を鏡で見て泣き止む。 一つ目はまさにそんな状況で、ロフトがあるから今の部屋にしたのだが何ヶ月も登っていない。

>

カキフライが無いなら来なかった

農協も無いし、田舎に帰りますか。 また自由律俳句はあくまで定型から自由になろうとすることによって成立する俳句であり、したがって単なる一行詩がそのまま自由律俳句となるわけではない。 マガジンハウス 1400円 写真左・せきしろ 1970年、北海道生まれ。 でも、急いでいるときとか疲れていて歩きたくないときは、電車とバスを使って赴きます。 必ず言語化しないと誰かが死ぬみたいなことではないけど、それがないとしんどい人もいるという種類の表現なんですよね。 他にも数えきれないほどの傑作がこの本には掲載されているので、興味がある方はぜひ手に取ってみてほしい。

>

せきしろが語る、「自由律俳句」入門

ハガキ職人、構成作家を経て、2006年に初の単著『去年ルノアールで』(小社刊)を出版。 イメージしたのは初めて一人暮らしをしたアパートでした。 五・七・五のリズムで季語を使う定型俳句とは異なり、自由なリズムですべての情景や心情を切り取る自由律俳句。 前後の温度差がつらい。 これつらい。 自由律俳句とは、五七五の定型のリズムや、季語や切字を入れるルールにとらわれないで、自由に詠んだ俳句のこと。

>

カキフライが無いなら来なかった

トイレを借りるだけの目的で百貨店に入るんですけど、店員に対して後ろめたさがあるから、無意識に何か買う雰囲気を出して、全く買う気ない服に少し触れてみたりしちゃいますよね。 いま自分は蕎麦屋にいて、食べ終わってて…と説明なしに、ずばりと『蕎麦湯が来ない』で終われる。 小さな雑貨屋に迷い込んでしまった時なども同じような事態に陥ることがある。 でも、分かるやつはめちゃくちゃ分かって。 カキフライがくるまで読書をして待つ。 というわけでなんてことないことを書き切ってみることにしました。

>

自由律俳句集『カキフライが無いなら来なかった』が素敵なので気に入った言葉をオススメしたい【せきしろ×又吉直樹】

散文二十七篇と著者二人の撮影による写真付き。 がんばる。 一瞬でわかるというより、謝りながら影絵をやってる彼の状況を想像するとより面白い。 同じバス会社の運転手さん同士のすれ違いざまに見せる挨拶が面白い。 しかし、これでは詠み手の悔恨の情が伝わりにくい上に面白くない。

>

『カキフライが無いなら来なかった』の自由さ | カタシオヒロアキ・ザバーン. jp

「ダンスが好きなんだよね?」とか聞いたり。 ……いや、「好きな人の影も」のほうが、売れるとは思うんですけどね。 これも頑張れば燃えるゴミだろう 又吉直樹 引越しを見据えた大掃除。 恥ずかしながら彼の小説は一作も読んだことが無い。 とても平和な光景。

>