東京 病床 数。 東京都、病床確保数も不正確と認める 緊急事態宣言延長前2000→3300床に修正(楊井人文)

東京都 重症病床数150から200に要請 病床ひっ迫も“人材確保の壁”(FNNプライムオンライン)

データをスクレイピングしてJSONデータ化し、サイトに反映した。 都はこれまで病床確保数について、4月末時点で2000床、5月11日に3300床に拡大した、としていたが、実際は、4月末時点で3300床確保していたことが、都への取材でわかった。 にもかかわらず、政府専門家会議は5月6日の期限を前に「 特定警戒都道府県においては、依然として医療現場の逼迫が続いている」()との認識を示し、 政府もこの認識を踏襲して。 JR「王子駅」よりタクシーで約10分•。 政府は5月4日、「依然として医療現場の逼迫が続いている」との専門家の見解も踏まえ、緊急事態宣言の延長を決定した。 その他 入院・外来とも原則として医療機関等からの紹介予約により診療を行います。

>

東京都の病院一覧(病床数順)

NHK首都圏ネットワーク(5月11日)。 サイトのソースコードはGitHubで公開し、コメントや修正提案を受け付けている。 全国に広がるオープンソースの輪 福野さんは、福井県や鯖江市と連携して以前からオープンデータの活用に取り組んできた。 [PDF形式:843KB]• 外来規模 50人/日• [PDF形式:697KB]• [PDF形式:699KB]• 都営新宿線「曙橋駅」下車、A2出口より徒歩約12分• 3%でした。 政府は3月10日、民間が提供している新型コロナ対策支援サービスなどのデータを標準化して公開する「 民間支援情報ナビ」プロジェクトを、エンジニアの民間団体Code for Japanと共同で始めた。 [PDF形式:724KB]• [PDF形式:697KB]• 従来の発表と異なるため、都福祉保健局感染症対策課に取材したところ、同課長が「 3300床(うち重症者用400床)確保を把握したのは4月末」と回答。 都営大江戸線「若松河田駅」下車、若松口より徒歩約5分• JR「西日暮里駅」よりタクシーで約10分• JR「日暮里駅」より都バス「熊野前」下車、徒歩で約5分• その中で、病床確保数を「3,300床確保(4月)」との記載があった。

>

都内のコロナ入院患者 確保の病床の70%超に 過去最高に迫る

日暮里・舎人ライナー「熊野前」より徒歩で約5分. 県の発表内容に感染症の病床に関する言及があり、福野さんは「これからは病床数がポイントになるのでは」と考え、厚生労働省の病床に関するデータを検索。 そのすべてが埋まっていて、それ以上の受け入れは断らざるをえないのが現状です。 [PDF形式:710KB]• 新型コロナウイルスの重症者の数が増え続ける中、東京都は、重症病床として、ICU 集中治療室 を確保する目標を150床から200床に引き上げるが、医療体制が逼迫 ひっぱく する厳しい状況は続く見通し。 3月23日時点で、北海道から熊本まで30の派生サイトが登場した。 東京都が入院患者の正確な人数を公表するようになったのはことし5月12日で、いわゆる「第1波」で最も多かったのは5月12日の1413人でした。

>

病床数・施設基準など|東京大学医学部附属病院

このサイトは、元ヤフー社長の宮坂学副知事率いる「特別広報チーム」が、発足から1週間で公開したものだった。 さくらインターネットの協力も得ているという。 [PDF形式:856KB]• 東京都の医師求人数を施設区分別(一般病院/療養型病院/精神科病院/クリニック)でご覧ください。 5月11日の時点でも、都が大幅にデータを修正。 東京都の病院数・年次推移、10年間(2006年・平成18年~2016年・平成28年)を「病院総数」、「一般病院数」、「精神科病院数」でご覧ください。

>

日本病院会|会員一覧 【東京都】

PDFからテキストを抽出できる「Poppler」を使い、厚生労働省が公表しているPDFデータから病床数や患者数などを抽出し、JSONデータ化。 新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、政府や自治体によるオープンデータの公開や活用がにわかに進んでいる。 根拠法令等 東京都リハビリテーション病院条例• 作ったきっかけは、東京都と非営利団体Code for Japanが3月上旬に「東京都新型コロナウイルス感染症対策サイト」を開設したことだった。 同サイトはソースコードをGitHubで公開し、誰でも修正を提案できるオープンソースの取り組みだ。 軽症者の療養ホテルもかなり余裕ができていた。

>

病床数・施設基準など|東京大学医学部附属病院

病床数 165床(うち回復期リハビリテーション病床131床)• サイトの公開後、GitHub上では誤字訂正の依頼が1件、大画面だとデザインが崩れてしまうという報告が1件寄せられた。 この時点で、厚労省はまだ都道府県別の病床使用状況を公表していなかった(政府専門家会議がどこまで情報を把握していたかは未解明)。 北海道の新型コロナウイルス対策サイトが有志によって公開された。 その後、11月上旬にかけては1000人前後で推移していましたが、中旬以降は再び増加傾向となり、6日に初めて1800人を超え、1856人となりました。 [PDF形式:846KB]• ・緊急事態宣言が延長される前、東京都が病床確保数を実際より少なく厚労省に報告していたこと(今回判明)。 4月2日時点で病床確保700床に対し入院患者は628人と9割近くに達し、医療現場からも窮状を訴える声が相次いでいた(、など)。 ・政府は、医療提供体制が逼迫状況にあるとの専門家会議の見解を根拠に挙げて、緊急事態宣言の延長を決定したこと(=5月4日改定版)。

>