ニュー ジャパン カップ 新 日本 プロレス 2020。 ニュージャパン・カップ

ニュージャパンカップ2020の優勝はEVIL! 【新日本プロレス】

外道さんがオカダを華麗に裏切った運命の2018年。 トップに立つべき選手ではあるのですが、現状はオカダカズチカのライバルと言われても戦歴でボロボロ。 DOUKIが新日本プロレスに所属して欲しいと思っている私としては、今のスタンスだとどの面下げて所属になるんだと不安になってしまうんですよね。 出場者と注目の組み合わせ 今年の出場者はオカダ・カズチカや棚橋弘至など全32選手でトーナメントにて争われます。 第1回大会では無差別級トーナメント戦と題していた。 つまり2回戦で鈴木みのるがオカダを倒す歴史的試合が歴史的テレビマッチで成し遂げられるという超プレミアムなブロックなのだ。

>

ニュージャパン・カップ

なので実況やメディアの人も「DOUKIは大変な生き方をしているから新日本プロレスの甘えた選手が許せない」という、何も考えずに聞くと凄いことに聞こえるがよく考えると言いがかりみたいな表現はそろそろ・・・ 溜め込んだ沈黙をニュージャパンカップ3回戦後に使ったSANADAのこれから 第4試合はSANADA・BUSHIvs高橋裕二郎・石森太二 パートナーであるEVILに容赦ない金的を喰らい敗北したことが今後どのように繋がっていくのかが気になるところですが、SANADAとしては今年沈黙の中で溜めて溜めて溜め倒しておいたマイクを急にニュージャパンカップの途中で発動してしまうということもあって、完全にまた迷子になってしまいそうな空気になっています。 何よりも一番、このリング上で戦えるのが好きです」とあらためて試合ができる喜びをかみしめ、「テレビの前のみなさん、シーユートゥモロー」と締めた。 【第1試合】 真壁刀義・本間朋晃vs辻陽太・上村優也 この試合で気になるのはヤングライオンよりも真壁刀義。 本間朋晃に関しては高橋ヒロムに破れてニュージャパンカップが終わりましたが、もう1度IWGPタッグをということは言い続けている選手ですし、逆に真壁刀義に発破をかけるぐらいのアクションが見たいですね。 2008年から2011年まではに固定されたが、2012年からは2年続けてに戻る事となった。 決勝の相手は、キングオブ・ダークネスEVIL EVILは背水の陣のごとく、反則すれすれの危機迫る勢いで決勝までたどり着いた オカダ・カズチカもレインメーカーに封印を解くであろうニュージャパンカップ決勝 内藤哲也の元にたどり着くのはオカダ・カズチカかキングオブ・ダークネスEVILか?. 2019年はこのニュージャパンカップ優勝から 復活の狼煙を上げたオカダ・カズチカ 1年のほとんどをIWGPヘビー級王者として過ごすオカダ・カズチカだが このニュージャパンカップ出場という事は、IWGPヘビー級のベルトは 他の選手が保持していると言う事になる 2019年は、棚橋弘至からジェイ・ホワイトがIWGPヘビー級を奪いマディソン・スクエア・ガーデン でオカダ・カズチカを迎え撃った。 3月の『旗揚げ記念日』、『ニュージャパンカップ』と次々に中止が決まり、その流れで4月・5月も興行休止状態に。

>

ニュージャパンカップ決勝戦大会の全カードが決定|マスター・ワト凱旋試合

正直どちらが勝っても不思議ではないカードですね。 大相撲 大鵬の孫王鵬「身引き締まる」鵬の化粧まわしに感激 []• ちなみに俺の優勝予想はもちろん、言うまでも無く 「鈴木みのる」であることは、このブログの熱心な読者であれば周知の事実であろう。 優勝者はIWGPヘビー級王座挑戦権を選択。 基本的には出場選手数は14から16人までで、第2回以降からはシード枠も設置されており、この場合、前年度優勝者がエントリーする。 結果は多少の見せ場は作ったものの、やはり実力差はハッキリしていて当時ヤングライオンだった高橋ヒロムの完敗でした。

>

【新日本】米国版ニュージャパンカップの開催を発表 優勝者にIWGP USヘビー級王座への挑戦権

東京からの移動制限などがまた発令されないことを祈るばかりです. ジュニアヘビー級が格下と言うわけではないが、新日本プロレスの最高峰と言われるベルトは IWGPヘビー級となっている。 プロレス [12月4日 20:52]• しかしオカダ・カズチカはなぜレインメーカーを出さなかったのか? 新日本プロレスへの凱旋帰国からIWGPヘビー級王座を奪い、レインメーカーショックを起こしたオカダ・カズチカ 衰退したプロレスを再び再起動させた立役者の1人 オカダ・カズチカの登場は新日本プロレスを大きく躍動させた おそらく、ぼろぼろの状態の時も戦い続けてきたオカダ・カズチカ 最強な故に、対戦相手にファンの指示が集まる事も多かった しかし常に戦い続けたオカダ・カズチカだがその中に忘れてはいけない試合がファンにもオカダ・カズチカにもある。 大相撲 [12月1日 12:24]• ボクシング [12月4日 20:44]• 大相撲 [12月2日 17:43]• 続く2016年にも初進出となる東北地方の、2017年からは3年連続で新潟・で開催されている。 「棚橋弘至 VS タイチ」 2018年のNJCの一回戦にてヘビー級転向直後のタイチを倒している棚橋さんだが、今回のタイチはもうその強さに磨きのかかった完全なる強者であり、あの頃とはまるで違うのである。 それはエンターテインメント業界により大きな影響を残すのは明らかだ。

>

[新日本プロレス] ニュージャパンカップ2020の出場選手&対戦カード、今回はヘビー&ジュニアで開催

タイチの実力と人気が上がってきている今、順当にいけば棚橋弘至の勝利なのですがタイチの勝利への執念で反則も辞さないことも考えられタイチの勝利の可能性も十分考えられる状況だと思います。 実は来日していたジェイが乱入すれば行けますよ! お久しぶりです! このブログが更新されたことで「あぁ、本当に新日本がまた観れるんだなぁ」と実感しています。 新型コロナウイルスが猛威をふるった2020年の春。 元々のNJCでもEVIL躍進予想でしたがこの新NJCでもEVIL優勝と予想します。 連続優勝 - 2回 : 後藤洋央紀(第5回 - 第6回)• 遠い過去の話だから」と加害者側にもかかわらず一方的に水に流した。

>

SANADA勝利、新日本ニュージャパン杯4強決定

要はよ。 また関東方面から大阪へ観戦へ行くお客様も自分の考え方や思想などもあるかと思いますが、とりあえずマスクはしておいたほうがいいですね。 出場予定であったデビッド・フィンレーが2・23後楽園ホール大会の試合で左肩を負傷したため、田口隆祐が出場 ジュニアヘビー級レスラーのエントリーは5年ぶり。 そりゃ、いつかは再開するだろうけど、一体どんなカタチで再開するのか? は非常に気になるところだったが、まさか 『NEW JAPAN CUP 2020』を持ってくるとは思わなかった。 しかしザックセイバーJrには複合関節技やレスリング技術を生かした多彩な押さえ込み、そしてザックドライバーというフィニッシュホールドもあり簡単には負けないと予想しています。 昨年覇者のオカダ・カズチカはジュニアヘビー級の実力者石森太二との元登龍門対決を変形コブラクラッチで制した。

>